--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.17

魔人探偵脳噛ネウロ 第90話 0【―】

魔人探偵脳噛ネウロ 第90話 0【―】
ネタバレ感想です。














先週の感想は書いてないのだけれども、ネウロでこんな話が読めるとは本当に思って無かったわ。
もう、本当に切ない。いい話だったよ。
オーソドックスともいえる展開かもしれないけれど待ち焦がれていた弥子の成長も絡んでいたから良い話だった。
HAL編をもう一度初めから読まねば。
なんかまとまった感想は書けなさそうなので、つらつらと。

めちゃくちゃ大雑把に言っちゃうと、この電人HALが行動を始めたところからは春川というかHALの壮大な自殺だったのかなあ。

自分の能力に自信を持っていたのに結局は刹那を助けることができなかった春川。
刹那の死の後に残ったのは脳電図なんどのただの資料のみであって、それらは刹那ではない。
「君を 造ろう 美化もせず 風化もせず 1ビット足りとも違うことない君を造ろう どんな手段を使ってでも 本当の君にもう一度会いに行こう」
もう春川・HALの刹那さんへの痛いほどの想いが伝わってきて…。

江崎さんのあのナイフも避けようと思えば避けられたのに春川は避けなかった。
それは自分が生きている間には決して刹那には会うことができないから。
春川が自分の脳をコピーしてHALを造ろうとも、HALが1と0のの間にいても、思い出だけを頼りに刹那を作り出すことは不可能。
弥子にも導き出せた結論に気付きたくなかった春川。

弥子のモノローグ
「傷つけられたプライドへの恐るべき執着 それに隠された 彼女への深すぎる愛情
そのためには 何を犠牲にする事も迷わない… この犯罪者を 私は否定できなかった」

「私にだっているからだ 出来るなら生き返って欲しい人や…
間違えれば 国中を危険にさらしてでも… 助けておいてやりたい奴が」

バックには弥子のお父さん、パスワードの入力画面、ネウロの後姿。
この「助けておいてやりたい奴」ってネウロのことでしょう。
びっくりしたよ。そして同時に嬉しかった。
弥子からネウロへの想いっていうのも強いことがわかったよ。
世界よりもネウロなんだよ。すごいなあ。
正直、弥子のネウロに対する想いっていうのはどの程度か計りかねていたからさ。
なんだかんだ言って大事に思ってるだろうとは思ってたけどここまでとは。う~ん。
一緒にいるうちに絆ができたんだなあ。
改めて言葉で言われるとどきっとする。
婉曲な言い回しも良い。

HALから弥子への敬意。
電子ドラッグの正式な治療薬。そしてHALのデリートの権利。
もうHALの計画を続けることが出来ないから。存在意義、意志も失うから。
エンターキーを押す弥子。

消去されていくHAL。
消去中のパーセンテージが0に近づいていく。
「1の世界でも遠かった 1と0の間にきても遠かった どんなに彷徨っても 決して会えなかった君が…」
数値が0.000000000000000001%になった時…
「こんな… こんな近くに!!」
HALを抱きしめるような刹那の姿が。

「私…ハ… マン ゾク ダ」

うわーーーん。
せつないよー。
0と1の間でもない、まさに「刹那」の時に刹那に会えたんだよ。
よかったねえ。

お腹一杯暴れまくって満足な魔人。
5分で2万人の兵隊全滅って恐ろしいというかさすが。

そんなネウロ、弥子を見て
「おや 何をしてるのかと思えば…泣いてるのか」

「それは妙だな 貴様は泣くのではなく笑うべきだ」

うわあー。2人が運命の出会い(おおげさ?)を果たした第1話の台詞!

けれどネウロの手を振り払い弥子は
「…わかんないよっ… …あんたなんかには…!!」この弥子の泣き顔がとっても綺麗なんだよ。

こんなことしたら普段ならS行為なんだろうけどネウロは一言。
「………そうか ならばいい」

なんかめちゃくちゃやさしいよ。
ネウロもターニングポイントを迎えたりするのだろうか。
人間の心理がわからないみたいなことを言われてきたネウロだけど今回の最後のシーンはちょっと違うようにみえるもん。

なんて言ったらいいかわかんないけどネウロ風の弥子への理解とか、日付変更した弥子への満足とか。
わかってないようで実は弥子のこと分かってそうなネウロ。
なんか今回のことで2人の関係がぐっと縮まったかなあ。


ああ、なんか今回涙を流すというよりは頭とか胸とかにガーンと来たよ。
衝撃だった。

最後の「日付も変わった 帰るぞ」
が今回の締めとして最高な台詞だな。

気になったのは弥子の「くだらない」
できないことはわかりきってるのにあえて世界を巻き込んでもしようとしたことかなあ。
でもそれは理解もできるという。
うーん。

冒頭の「悪意の固まりのような病気は…」「人為的なもの」
これは伏線なのか?


なんか掲載位置低いのが気がかりだ。
Posted at 23:14 | ネウロ | COM(0) | TB(0) |
2006.12.16

魔人探偵脳噛ネウロドラマCD第2弾!!

早売りジャンプを買いました。感想は後ほど。
なんと!ネウロのドラマCD第2段発売決定!
2007年4月25日(水)発売!
早いよ、びっくりだよ。
11月に第1弾出たところなのに。
これはやっぱり売れたってことかな。嬉しいなあ。
キャストも前回と同じだし。
キャストのところにはしっかり、「至郎田正影/伊藤健太郎」とあるし。
ストーリーも前回ぐらいのクオリティは保ってください。

初回特典は、「犯人さnビフォーアフターシール(仮)」
通常特典は「ポストカード」

ああ、楽しみ。
http://comics-news.shueisha.co.jp/common/neuro2/index.html
Posted at 19:31 | ネウロ | COM(0) | TB(0) |
2006.12.07

魔人探偵脳噛ネウロ 松井優征 9巻

魔人探偵脳噛ネウロ 9巻 「“電人”HAL」 感想

おまけページなどのネタバレありなのでご注意。



●表紙
なんか第一印象が2人とも顔色悪いなあとか思ってしまったよ。
ごめん。

●帯
帯の背表紙側。
髪飾りの色とおそろいのピンクビキニ姿のあかねちゃん!が半分だけ…。
ちょっと!そこはちゃんと全部見せてくれないとダメじゃん。
何?チラリズムなのか?
ジャンプの表紙の時よりは大きくていいんだけど。
腹チラしてた水着姿の魔人様ももっと大きくみたかった。

●中表紙
なんだこの魔人は!!
なに、そのポーズは。腰をひねってどこのグラビアアイドルですか!?
うわー。笑顔がとっても素敵。
…素敵だけどなんか恥ずかしくなってくるよ。

●登場人物紹介
ネウロって毎回このページのイラストが変わってて芸が細かいよなあ。
今回はとうとうあかねちゃんが「凄まじい美少女」に!
さすがネウロのヒロインだね。弥子を差し置いて水着姿を出すだけあるよ★
ネウロはとてもいいチョイスだ。首元に手をかけてるのがホント色っぽいよ。
「喰いつくされたヒトゴミ」(笑)
石垣のイラストがちょっとかわいそう。

●おまけページ
醜い姿見さんの答えはなかなかいいなあ。
確かにねえ。いいよね。
ネウロ内ではある高校球児はあんなことになってたけど(笑)
江崎志帆5歳!
ひー。江崎さんのおかげであれだけ流行ったのか。
大量のCDの横には串刺しになった野球ボール…。
ふんどしソムリエ石垣筍。
なにこのムダな格好良さは。
放火魔穂村スタイル!
300年あればなにがあるかわかんないもんね。
きっと流行るよ。うん。
うわーん。吾代さんの新車が!
「…生き延びてやる…絶対に!!」
うう。新車もやっぱりネウロのやばさは感じるんだな。

●突撃となりの愉快犯
あかねちゃん!!本当に良い子だなあ。
寂しくて円形脱毛症になっちゃうなんて。どれだけ弥子のことが好きなんだよ。
ていうかそのお友達って…!
気をつけないと食べられるぞ!
でもって弥子も良い子だ。
全部休んで遊んだなんてよくネウロが許してくれたなあ。
ああもうトランプしてる2人がめっちゃかわいいよ。

●3Dアート。
今回は見えても何か認識するまで時間かかったよ。
結構むずかしかった。光沢が!
まさか3つもあるとは思わなくて1つだと思ってたからさあ。
これはあれだよね。
左から小柴江崎朝永の得物。
銃・ナイフ・ハンマーでOK?
虚無感はいらないよ。

●本編
とりあえずここまで。



Posted at 20:36 | ネウロ | COM(0) | TB(0) |
2006.12.04

魔人探偵脳噛ネウロ 第88話 2【ふたり】

魔人探偵脳噛ネウロ 88話 2【ふたり】
ネタバレ感想。



もう堪らない!!
展開も色々とさ!

1ページ目の挑発するネウロの顔!これジャンプの主人公の顔か?
どっちが悪役かわかんないよ。
まあやってることとか色々と今に始まったことではないけどさ。
「我が輩という侵略者(ウイルス)によって…無抵抗で蹂躙される事になる」
なんかもうネウロの使う言葉、表現が微妙に詩的というか。
ここで「蹂躙」という語を出すネウロはさすがSだ。

「全力で身を護ろうとする抵抗のエネルギー。それこそが我が輩の食糧…『謎』なのだから」
そうなんだあ。悪意は?
ネウロのあの性格は生まれ持ってのものであり、謎を食べる過程で作られてきたのだろうか。
「無防備を倒すのではだめなのだ」だもんな。

迷路すごいー。なんだこりゃ。
ネウロにとったらご馳走でしかないんだろうなあ。
ヨダレたらしちゃってさ。

6ページ目のネウロ。
髪の毛の黒い部分が上にあるからいつもと違ってドキっとした。
耳から顎のラインが見えるなんてあんまりないよね。

ひーー。
人間橋にも劣らないものがまた。
肩車プラス鉄骨って。ほんとありえない。
下の人潰れてるよ普通なら。
途中で二又になってるものすごい。

ネウロ早く戻ってこないと弥子ちゃんが危ないぞ。
とか思ってたら。

ぎゃーー。このネウロさん!
なにこの魔人は!
汗かいてぜーぜー言ってるよ!
うわー。
もうね、美人だしエロイし目が素敵。
でも何があったのかと心配しかけたら

ネウロが!豹変したー!!
ちょっと、今回の事件豹変するのは犯人ではなくてネウロなの!?
もう目がイッちゃってるよ。
弥子の「え…?」もネウロの「フ…」もなんか萌えた!
魔人ネウロ、大暴れ!
「すがすがしい気分だ!!」と大暴れ。
なんか血飛びまくってるんですけど。
勢いあまって窓突き破って出ていっちゃったよ、ネウロってば。
絶対人死んでるよこれ。
でも良かったねえ。(しみじみ)ネウロ。
元気になれて。

ネウロの豹変にもびっくりしたけどそれくらいにびっくりしたのは弥子の反応だよ。
「…なんだ『謎』…喰べれてたんじゃん…」
「なんか子供みたい お腹がふくれて遊びにいってる感じの」
の台詞はいいよ。もうお母さんじゃん、弥子。
ほほえましい親子だ。
となるけど、その子供が大暴れですよ?血が飛び交ってますよ。
まあ、あんなネウロの弱った姿を見たわけだしね。
ネウロが元気になったらとりあえずうれしいよね。うんうん。

わお、串刺しなHAL。
ついでに笑顔で暴れているネウロ。
よっぽど嬉しいんだな。
さて、とうとうパスワードが判明。
「1/1000000000000000000」
答えは単位で1と0の間の単位である「刹那」
でもってひとの名前。「本城刹那」
目的は1と0の間で彼女と2人で生きること。

うわー。まさかこんな人が絡んだ目的だとは思って無かったよ。
研究的なことだと思ってた。
叶絵のヒントは「単位」だったんだ。
大きい単位しか見えてなかったよ。
名簿もみるの止めちゃったし。
字数も一杯使ってるとは。
これ分かった人がいたらすごいよなあ。
一応ヒントはちゃんと出てたけど。
「本城刹那」の名前もわかりやすいところにあったし。
名簿の名前がややこしいかわったものばっかりなのはカモフラージュだったのか。
すごいなあ。ほんと1と0の間だし。

さてこの刹那さんとは何者なんだろう。
まさか恋愛的な感情でも出てくるんだろうか。ドキドキ。
くだらないけど否定できないってなんだろうなあ。
ああ、来週が待ち遠しい。

この間から展開のスピーディーさにはびっくりするよ。
あれとかこれとかのジャンプ漫画も少しは見習ってくれてもいいよ。
見開きも多くて迫力満点だったなあ。

この話、まだ何かしらひっくり返されるようなびっくり展開は待っているのだろうか。




エピローグが楽しみだ。
ネウロから弥子に対するなにか労いの言葉とかは聞けたりするんだろうか。
弥子も日付が代わって成長したけど今までどおりの子でいて欲しい。
対等なパートナーにはなったけどそれはそれでSMな関係を続けてください。
弥子ってあんまりネウロに対する感情を出さないよなあ。
パス解くのも世界のため、ネウロのためというありがちな理由付けがなくてそこがいいなあと思うんだ。


そうそう、ジャンフェスにて「バリ8Tシャツ」発売!
びっくりしたー。まさかこれまで商品化するとは。
ドーピングコンソメ服用後(?)のシロタのピンバッジも商品化。
びっくり。




ついでに今日発売の9巻についても。簡単に。ネタバレ。
表紙はHAL。ちょっと以外。
ヒグチかと思ってたから。まあ彼の見せ場次の巻だからかな。
10巻はちょうど88話までかな。
9巻の扉絵のネウロのポーズが…!
番外編の肝、本誌でも読んでたけどおもしろかった。
お供え物食べるのはよしたほうがいいよ。夏場だし。
卒塔婆を掻き分けて出てくるネウロになんかきゅんとした。
隣りの愉快犯はあかねちゃん。
なんだこの健気な美少女は。
3Dは今までで一番難しかったよー。
なんか自分の顔が映るのが気になってうまくいかなかったし。
見えても何か認識するまで時間がかかってしまったよ。

Posted at 19:47 | ネウロ | COM(0) | TB(0) |
2006.12.04

魔人探偵脳噛ネウロ 第87話 3【さんにん】

魔人探偵脳噛ネウロ  第87話 3【さんにん】

今更な萌えを叫んだ感想。
ちなみに88話はココ

のっけから多重債務者となってしまった弥子。
弱ってるとはいえしっかりSなところを見せてくれるとはさすがネウロ。
いやあ、でもまだまだ貯蓄が底をついたなんてことないんじゃないのか?まだまだ溜め込んでそうだけどなあ。
まあ謎はなぜ本人ではなくしかも未成年の弥子の名で借りることができたのかだな。
わざわざ借用書まで作ってネウロの壮大な嫌がらせか?
もしくはそうとうヤバイとこから借りたか。
HAL編が終わったら借金返済編か?
そういや今何日なんだろう。じつはもう29日とか…。

おお、かっこいい。
手札か。弥子が「SERVANT」だって!
「slave」じゃないんだ!よかったなあ。
やっぱりなんだかんだ言っても弥子のこと認めてるもんね。
パスもわかったし。

今週ほどジャンプの印刷の悪さを嘆いたことはないよ。
だってあの「フワッ」のシーン。
見えることは見えるけど鮮明じゃないよ!
ネウロが弥子を抱えてるんだよ。
服の襟元や頭を掴んでるんで無く腰を抱えてるというのが…!
やるなあ。
でもミサイルのシーン、初め足ではさんでるのかと…。
弥子もだんだん人間離れしてきたなあ。
ミサイルの速度って凄いよね…?
能力のおかげかなあ。

あと、疑惑のシーン。
弥子はネウロの腕に手をかけているのか否か!
かけてるとして、こうギュと掴んでるのではなくてさりげなく、思わずってところが萌える!
まあ、これは触れてないよなあ。

この2人の関係が本当に良い!
前回もだけどパスワードをネウロは聞かないんだよね。
ある意味興味ないのかもしれないけど謎を喰べる為に必要なものなのにあえて聞かないんだもん。
自分が解けるかって聞いて無理と言われても「そうか」の一言!
この時のネウロの口元が隠れてるけど笑ってると良い。

バリケード作った時のネウロ格好よくてほんとどうしよかと…!
なにあのキックした時の顔は!もうダメ。

「それまでに…ヤコ」の「…」のためがなんかきたよ。

弥子もすっごく成長したなあ。さすが日付が変わっただけあるんだなあ。
パスワードをネウロに尋ねられた時とか弥子はもうネウロのパートナーなんだと実感。
決して足を引っ張るんではないんだ。
間違えたら大変なことになるとわかってるのにそれでも静かにパスを入力する弥子がもう!
この子も格好いいよー。

「我が奴隷」…。「我が」…。うん。
あれ?やっぱ奴隷か。
なんか自信たっぷりなネウロが。
もうなんだこの2人の関係は!

もうあのガラスが割れたシーンなんて鳥肌もんだよ。
次のページの弥子も相まって。
パスが間違ってなかったことがわかったのにほっとするでもなく凛々しく立ってるんだよ。
本当にもう。感無量とでもいうのだろうか。

ああ、もう格好良すぎなんだよ、2人とも。

Posted at 13:12 | ネウロ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。