--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.24

反逆の山々DX

今回はシャーリー役の折笠さんが初の女性ゲストとして登場!
それにともなって男子更衣室の男ロッカーから女子更衣室へ移動です。
杉子さんと福子(?なんて言ってるかイマイチわかんない)が説明を。福山さんカミすぎ!でもってちょっとキモい(笑)
じゅんじゅんは地元大好きですなぁ。
そうそう、山名前に「ゴーワイルドキャッツ」という人がいたよ。やっぱりこれはハイスクールミュージカルからだよね。折笠さんも福山さんも出演だもんね。反応してた潤がよかった。


そういや折笠さんは凄く下ネタを警戒してたけど普段から福山さんはそうなのか(笑)
2007.05.22

コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 2


ラジオで福山潤のファンになってから楽しみでしかたなく、ラジオで聴いてからは更にワクワクしてた、コードギアス反逆のルルーシュSound Episode2!!

簡単に感想を。続きを読む
2007.04.13

反逆の山々DX 第2回

よかったー。
ネットラジオ時代のノリが戻ってきた。
でも宣伝が多いよね。

まあそんなことは瑣末なこと。

放送は夏なのにアフレコはもう終わってるんだね。
なんかリヴァルがかっこいいとか。
めちゃくちゃ気になるじゃないか。
早くみたいなあ。

先週嘆いてたあれ。
わずか2回目にしてエロ元首が戻ってきました。
「はあはあ」って!
よかった。よかった。
なんかかわいい人だなあ。

「フィロソロフィー」
これって哲学だっけ?あれ?フィロソフィー?

ネトラジ時代には一番最後にルルーシュの台詞がかっこよくはいって終了だったんだよね。
それがなんかエンディング前になっちゃったのが残念だなあ。


さて。
ネトラジ時代から待っていた、ゲスト!
番組初のゲストは櫻井さん!
わーお。
来週楽しみだ。


2007.03.30

コードギアス 反逆のルルーシュ 第23話 せめて哀しみとともに

コードギアス 反逆のルルーシュ
stage23 せめて哀しみとともに



うわーーーん。
もうなんだこれ。
なんかもう泣けた…。
次の25・25話が夏だんて待てない。むごいこと。
なんかもうショックで文がおかしい。


●ルルーシュとユフィ
ユフィー!
もう、この子可哀相でしかたがないよ。

自らナイトメアに乗ってまでして日本人を殺して回るユフィ。
彼女が望んだことは全くの反対なことに。
カレンや、扇たちもユフィが裏切ったって思ってるし。
全くそんなことないのに彼女の本意が理解されずに皆に憎まれるユフィは辛くて見てられない。

ああ、ルルーシュ。
自らの手でユフィを殺してしまったよ。

「どうして、ルルーシュ」

「さようなら、ユフィ。多分、初恋だった」

うっわーーん。ルルユフィー。
初恋だって!
あの星空見てた時とかの距離はそういうことか。
もう兄妹でもなんでもよかったよ!
ユフィはギアスにかかっていてもやっぱりユフィなわけで。
ルルーシュが撃つとはやっぱり思ってないのに。
でもって、ルルーシュ!
もう色々自業自得なんだろうけど。
初恋は実らないっていうけど!
あんまりな結末だよ。先週から覚悟はしていたけれど…。
幸せだった頃の皇族兄弟をピクドラでもドラマCDでもいいから見せて!


●スザクとユフィ。
ギアスにユフィが抵抗したのは後にルルーシュ自身が言っているように決してギアスの変質ではなかったんだ。
強い思い、意志があれば絶対遵守の力と言えども抵抗できということが明らかに。
スザクが日本人だということを押し込めてスザクを、日本人を気遣えるなんて。
それに答えてスザクも優しい嘘を。

スザユフィ、ゼロ・日本人を交互に映していくのがすごく切なかった。
正直見てられなかった。

なんでこんなことになったんだろうね。

あのまま行政特区日本がうまくいけばユフィも一緒に学校行けたのかもね。
そして一緒に学園祭もできたんだ。
もう決して訪れない未来。

泣くスザクに私も泣いた。
大好きだったんだね。


●ルルーシュとC.C.
常時発動になったギアス。
素顔を晒して、ギアスのことも心配することもなく接することのできるのがC.C.だけになっちゃった。
マオのようにはならないだろうけれどこれからのことが心配だ。


C.C.の会話相手が発覚!
マリアンヌってやっぱりあのマリアンヌだよね。
OPとか先週に意味ありげに出てくるマリアンヌ様はやっぱり何かあるのかな。


●アッシュフォード学園
ニーナ。
色々怖かった。
この子、一体何をする気なんだろう。

「いい加減ルルって呼べよ」
シャーリー、もしかして思い出すかなあ。
ユフィを見て分かるように、ギアスは絶対的ではないことが明らかになったもの。
良いか悪いかは分からないけれどシャーリーの記憶も戻るかも。

カレンはユーフェミアを、ブリタニアを憎んではいるけれど、生徒会メンバーを気遣っていたのが印象に残ったなあ。

●その他の人々
・神楽耶
なんだ、この子。
びっくりしたー。結婚宣言ですか。

オレンジ
ええー。
「おはようございました」
ええー。

・ヴィレッタさん、ていうか千草(千種?)さん?
ちょっと、これ大ピンチ?
でこのまま次に持ち越しなんて。

●ルルーシュとスザク
あの電話での会話はやっぱりスザクはゼロの正体を知ったと捉えていいんだよね。
あーあ。
なんか冷静に会話しているのがこわいよ。

「殺したいと思うほど憎い人」やっぱりルルーシュですか?
もう本当にやるせない気持ちになるわ。

あのV.V.。
一体どういう風に喋ったのかはわからないけれど。
ユフィを陥れて殺すことがルルーシュの目的ではなかったとスザクには言っときたい。

「また後で」
戦うことになるのか。

「友達」
怖いなあ。この2人の関係はなんなんだろう。


スザクはユフィの敵討ちとしてゼロ・ルルーシュに挑むことになるんだろうけど、悲しいなあ。
ユフィが望んでいたこととは逆方向に進んでしまう二人が。

でもスザクよりルルーシュのほうが怖いかも。
ルルーシュはどこまで行ってしまうんだろう。
今までも何度かあったけれどこれは本当に後戻りできないだろう。
ルルーシュの心もおかしくなって壊れてしまうのかな。
2人にとって大切だったユフィの死によって、2人は取り返しのつかないところまできちゃったね。

なんだかんだ言って甘さのあるルルが好きだっただけにあの壊れた笑いは怖かったよ。
ここまでしてしまったルルーシュに救いはないのかな。

ナナリーのためと電話でも言っていたけれどもうあやふやになってきているように見えちゃう。
いやナナリーのためではあるんだろうけどね。
ゼロになってもやっぱりナナリーの良いお兄さんでいてください。


「あの日から俺はずっと望んでいたのかもしれない、あらゆる破壊と喪失に。そう、創造の前には破壊が必要だ。そのために心が邪魔になるのなら、消し去ってしまえばいい。そうだ、俺はもう進むしかない。だから…」

心は消しちゃダメだよ。目的が何かを忘れてはいけないよ。
そしてこの「だから」で終わるのは1話を思い出すね。

「あの日から俺はずっと嘘をついていた。生きてるって嘘を。名前も嘘、経歴も嘘、嘘ばっかりだ。全く変わらない世界に飽き飽きして。でも、嘘って絶望で諦めることもできなくて。だけど手に入れた、力を。だから…!!」




夏に24・25話放送。
ちょっと間が空きすぎじゃない。
その間はドラマCDとラジオで我慢するしかないのか。
なんかCDの内容があざといような気がするけど買っちゃうんだろうなー。
ラジオは楽しみだ。



2007.03.23

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22回

コードギアス 反逆のルルーシュ
stage22 血染めのユフィ



うわーーん。
もう、なんていう展開なんだろう。これは。


面白いけど辛い展開だ。

前半は結構ほのぼのしてたのになあ。
ユフィとスザクのやりとりとか。
かわいかった。
笑えるところしては、あのハンガー。
別にハンガーにあんなカラクリいらないだろう。

ヴィレッタさん!ていうか扇さん!
とうとう…。
ていうかヴィレッタのために黒の騎士団裏切るとかしないでしょうね。

ヴィレッタさんといえば、オレンジことジェレミア卿。
ええー。
何アレ。
もうもとのジェレミアは見れないの?


ユフィとルルーシュ。
「ナナリーのため」であっさりユフィと和解。
あれ?いいの?
結局ルルーシュは誤解してたってことで。
ユフィの性格が凄いなあと思ったよ。
だってゼロとして色々ひどいことしてきたのにルルーシュだからとあれだけ信じることができるなんて。
握手した2人は本当によかった。
昔のことを話したり他愛無い話して和むわ、なんて思ってたら…!!

「日本人を殺せって言ったら君の意思とは関係ない…」
でユフィはギアスにかかちゃったから。

ルルーシュには命令する意志もなかったのに。
それにユフィは今までのギアスにかかった人と違って抵抗したんだよね。
これをユフィの精神力の強さとみるか、ギアスの変化とみるか。
でもいくらわずかでも抵抗できたということはギアスはある意味強くなっていて肝心なところでは弱くなってるからなあ。

ルルーシュの言うとおりマオのようにギアスの力が強くなりすぎた結果の暴走なのかなあ。
ユフィの件の前には貴族へのギアスを使おうとした時目をつぶったのは目に異常を感じたからなのかな。
でも異常を感じたのならマオという前例も見ているんだからもう少し慎重になれよ、ともツッコみたい。
けどC.C.の様子もおかしかったし。
加えてスザクもなにかあるみたいだったし。

なんか今回のユフィへのギアスは釈然としないなあ。
その前の撃てとかスザクをとかの方ではなく殺せのほうが命令されたのなんて都合よすぎじゃないか。
あのカットだと目をみてたかはっきりしないしなあ。
まあギアスの謎は持ち越しかな。

あと皇帝。
彼の言う「あやつ」とは一体誰?
妥当なのはルルーシュかなあ。

ルルーシュが再び身内を手にかけて堕ちていくのかと思いきや、ミスとも言い辛いことでユフィを殺さなければならなくなるっていうのが更にきついよなあ。

ユフィが虐殺を起して、その返り血を浴びたゆえに「血染め」とは。
本当にユフィが虐殺してる場面は目を覆いたかったよ。

ルルーシュが泣きながらユフィを殺せというところ。
胸に来た。
ギアスのマークが見えつつ涙だなんて。

自分で蒔いた種とはいえ本意ではないんだもの。

ああ、来週が怖い。


そうそう。シュナイゼル、黒い人かと思いきやそうでもないのか?
彼が色々してるのもブリタニア帝国の支配云々よりも個人的なギアス関係に対する興味のためともみえるし。
まあそれとジェレミアがどう関係あるかはわかんないけど。


忘れてた。神楽耶。
「すめらぎ」って言われてたからやっぱり皇族関係の人かしら。
なんかびしっと言っててかっこよかったぞ。
これからキョウトの面々はどう動くのか。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。