--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.08

魔人探偵脳噛ネウロ ドラマCD

ネウロのCD聴きました!
ネタバレしているので続きを読むからどうぞ。
アホみたいにダラダラ感想書いてます。
アホみたいにだらだら書いた感想らしきもの。


正直に言うとそれほど期待していなかったけれど、予想以上の出来でめちゃくちゃ楽しませてもらえたCDでした!


ジャケットは主要キャラ全員集合。アイさんってこれがはじめてのカラー?
あのヘッドフォンは絶対に付けたくない。

初回特典のヘアゴムまあそれなりっぽそう。
みつあみしてつけてみようかとも思ったけどもったいなくて開封さえできていないんだ。
台紙のネウロの横顔がステキ。

ライナーノーツ(だっけ?)のキャラ紹介ラフ画だけどこれ書き下ろしかな?
魚わしづかみの弥子がかわいいよ。
吾代さんの唯一の術に悲しくなった…。
笹塚さんは寝るときはちゃんとパジャマなんだ!ちょっと意外だ。
あかねちゃんはさすが真のヒロインなだけあって別格。
1人カラーだよ(笑)


CDの構成は本編9話とボーナストラック2話。
ちょこっとしたところを除いて文句のない出来だった。
ちゃんと「ネウロ」の世界観が表現できてたと思う。
キャラの掛け合いとかもバッチリ。
CDなだけあって「音」がキーになってる事件・トリックがよかった。
なんとなく事件の雰囲気とか犯人の二面性がヒステリア編を思い出した。
気になったのはネウロの謎を喰う瞬間。
なんか精神崩壊させないと謎を食べられないみたいな説明だったんだよね。
今回は先におしおきだったし。

心配してた声もなかなかみんなぴったりで。
●各印象
・ネウロ
はじめは子安さんかあ、なんて思ってたけどほんとごめんなさい!
初めは声低いなあと思って聴いていたのにいつのまにやら全く気にならなくなってるもん。
助手声がまた素晴らしかった。
ていうかなんかエロかった。
ドS・鬼畜しっかり出てて。

・弥子
かわいかった。けどちょっと高いかなあ。
けどイジメがいのある声だ。

・吾代
全く違和感なく聴けた!

・笹塚さん
声はステキだったけどすこーしイメージとテンションの低さが違ったかな。

・石垣
この人も違和感ない!ウザさもよかったー。

・サイ・アイ
サイもOK!アイは思ってたよりもかわいくてびっくり。


●以下思い浮かぶままに箇条書き
・夢の中でもネウロからは逃げられない弥子v
・牛肉プリン…?
・あかねちゃんはどうなるんだろうと思ってたけどすごくよかった。
 あの効果音。あかねちゃんだってよくわかった。
・スパークリングおでん缶1リットル。さっすが石垣!うざいー。
 謎解きもね、その思考力には感服だ。
・ネウロの吾代へのイジメっぷりがすごかったー。サド魔人様!
 「その先を左…、とみせかけて右」
 「…さっき通り過ぎた交差点のな!」
・吾代のかわいそうな幼少頃の事実が明らかに!
 ひー。新品の自転車はむしろ体に良さそうだよ。
 やっぱびんぼーだったの?(涙) 
・ミハルさんの声、由香さんでもいけるなあ。
・ひー。まゆまゆって。かめはめは。
・吾代さんて優秀なパシリだなあ。
・「ビロ~ドのような声で」助手ネウロ最高。
 助手しながらもしっかり弥子を虐げているネウロがもうっ!
・レコードの「ころされた」に正直ゾクッとした。こわいー。
・「今まで気付かなかったのか」「やばいじゃん」
・「看病したい」さっすが、ネウロっぽい動機!
・謎喰ってるシーン。すごい生々しいよー。
・じゅんじゅん。「萌えーーー!」大爆笑!
・そうそう、弥子のお父さん桂木誠一さんが登場したのはびっくり。
 父娘のやりとりがとってもよかった。
「まだ五杯しかおかわりしてないじゃないか」とか「弥子のどんぶりは お父さんのより大きいからなあ。」
 かわいかったー。
 ああ、マンガではお父さんギャグシーンしかないからなあ。
 弥子はこんな素敵なお父さんを亡くしちゃったんだ。
・サイが「僕」言ってる。間違い?
・「ハリケーン級の食欲」(笑)
・殺されるところだったを強調するネウロがかわいい。
・吾代のツッコミが絶妙のタイミングですばらしいよ。
 あれ?吾代ってネウロが魔人って知ってたっけ?
・なぜ家政婦と言わず「メイド」と言い換えるんだ?
・吾代、かわいー。

・弥子の大切度、石垣<<ポタージュスープ
・そういやコミック版では吾代は夢オチだったなあ。
・「おらに現金をわけてくれー」
・「ゴクチューですよ」またしても大爆笑!
・シロタ!!すごいぴったりな声!
 ドラマCDにでてくるなんて人気の高さがうかがえるなあ。

そういや今週のジャンプのカラーはドラマCDに関連してたんだなあ。






--------------------------------------------------------------




ちょっと真面目(?)に感想らしきものを書いてみたけど正直言ってめちゃくちゃ萌えたんだ。このCDに!

なんかもういいの?この話。めっちゃネウヤコじゃなかった!?
8トラック目はやばいだろう。
これはCDドラマで純粋な原作ではないとはわかってるけどもう踊らされまくったよ。くそー。やられた。何このサービスは。

「ヤコはどうした」
「殺して捨てた。―いけなかった?」
「……別にかまわん」
→ドンガラガッシャーン!
ってどうよネウロ!なにその行動は!
「別に構わん」ってむっちゃかまってるじゃん、ブチギレてんじゃんか。
もうほんとこのネウロ、弥子のことを全く気にしてないってのを出しつつ静かに怒るってほんともうダメ。
上手く文章に出来ないけどネウロ→弥子ってのがほんとツボだった。
サイにおしおきしてたのに弥子が現れたら止めちゃうなんて、この時の魔人は安心したのでは、なんてねー。
今度は「食い気」で見破るなんて。
おにぎり3個は少ないなんて、ほんとよく弥子のことを理解していらっしゃる魔人様。
これも愛。

サイが去った時の「ふん」がエロイ。

「ひょっとしたら『イイコト』知っちゃったかも」
サイ、それってあれだよね。弥子のことだよね!
なんか本当にありがとう。サイ!君のおかげで色々と楽しめたよ。

他のシーンでも弥子との掛け合いがすごくよかった。
ネウロかっこいいしエロいし弥子かわいいしもうたまらん。

吾ヤコが仲良くお片づけしてるシーン、あれはジェラシーかい?

「貴様の顔は寝てるときも起きてるときもいつも同じ」
……。わお。何気ない台詞だけどちょっと意味深に聞こえるのはもう私の頭がおかしいだけですか?そうですか。

「冷たい? …なら温めてやろう」
これもオチが分かりながらもドキリ。

「貴様にしては、まともな結論だな」
なにこのやさしそうなネウロは!弥子を褒めてるよ。

ああ、もう大満足。転げまわったよ。

ネウヤコ以外にも、笹ヤコもあり、吾ヤコ、石ヤコ(!?)もあり。
ああ、逆ハーか!

石垣の「弥子ちゃん」呼びにどきっとした。
あれ?この2人いつのまにこんな仲良しさんに?

吾ヤコは兄妹のようでほのぼのだぁ。

笹弥子はちょっと薄かったかな。
深夜のファミレスで2人っきりかと思いきやもう1人いたし。




ああ、色々と楽しめた!
アニメ化よりもこのクオリティで第二弾を希望!!





スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/69-d79d5331
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。