--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.05

DEATH NOTE the Last name

映画版デスノート後編を見てきました。
以下原作・映画版のネタバレあるので注意。
原作との比較もしちゃってるので。
原作は読み切りから最後までジャンプで読みました。
初めはコミックも買ってたんだけどどうもヨツバ辺りからダメでやめちゃった。
だから実は原作の内容はうろ覚えだったり。
そんな感じで前編を見に行って私の回りではマンガと違ってイマイチの声が多い中別物と完璧に割り切れた私は楽しめました。

前書きはこれくらいにして。
後編もなかなかよかったと思う。
後編のほうが原作の内容を踏まえて展開されてたかな。
それでもオリジナル要素もなかなか上手く盛り込まれていました。

原作と大きく違う点はヨツバやメロニアが出てこない。高田清美が火口の役割(魅上も?)をしていた。メロニアが出てこないため終始対決構造がライト・Lだったこと。そして模木さんがそうそうに死んじゃった!
かな。気になったのは。


私は原作の第二部からはどうもイマイチだったので映画はライトとLで締めたのが本当によかった。
一方お父さんの総一郎は原作ではライトの無実を信じて死んでいったけど映画ではばれちゃったなあ。
でも親子のシーンは思わず涙出そうになっちゃった。
ライトの正義は独りよがりって言われちゃったしなあ。
まあそうなんだろうけど親に全否定されたライトが可哀そうでもあった。彼は彼なりに父に教えられた正義をそれと信じてたから。
それに為すすべなく息子が死んでいくのを見ているだけというのは本当に辛かったろうな。

原作ではライトとLの頭脳戦が主だった気がするけど映画では根本的な感情や家族の関係が強調されてたかな。
ミサにしても家族が殺されたことをもっと突いてたし。
ライトが総一郎の名前を書いたときの反応は自分の家族のことを思い出してライトを止めるかとも思ったけどミサはそんなことはしないか。
原作のミサは最終的にはもうバカのイメージしかないんだけど映画ではなかなか純粋な娘だったなあ。
ミサもライトの死を見ているしかなかったのが可哀そうだ。
ライトが死んで一年後での粧裕とお母さんが思い出話をしながらケーキ作ってる、結局全てを忘れて一人ぼっちなミサ、総一郎と粧裕が帰ってるシーンはすごく切なくてホロリときたよ。


月とLの対決シーン。
私はなぜかレムにLは本当に殺されたと思っちゃった。
原作の影響でLはライトには敵わないという思い込みがあったからだなきっと。メロニアはいらないけどライトはLに勝って欲しいという考えがあったのかな。うーん。

まあそれは置いといて。
Lが自分の命を使ってライトを捕まえるというのは衝撃だった。
そんなキャラじゃないだろうと。
実は最後の総一郎との2人のシーンでもノートに細工でもしてたんじゃないかと疑ってたから。ていうか願望?
いやそれじゃレムに名前書かれて死んじゃってるけどさ。
まあ原作と映画ではLのキャラも違うからあれもありかなあ。
「私は親と言うものを知りません。ですが、夜神さんは立派な父親だったと思います。」(うろ覚え)
この台詞がすごくきた。L切な過ぎたよ。死ぬときは1人にしてくれと言いながら側にはワタリの写真があったのがまた。

ライトの壊れ方がみっともなく哀れと感じるよりは切ない可哀そうと感じてしまった。松田に撃たれたときのあの台詞もなかったし。
皆ライトをみてつらそうなのにLの反応がちょっと薄かったのが気になった。


基本はシリアスでも笑えたシーンもちょくちょく。
なんと言っても笑えたのはL関係のシーン。
あのひょっとこのお面はなんですか?
大学でかぶってるのはまだしも高田を捕まえに来た時、皆ヘルメットなのにひとりお面。あんた浮きすぎだよ。
あと食べてたお菓子。
もうお菓子とは言えない物で食べてるし。
見てるだけなのに、私も甘いもの大好きなのに胸焼け感じたよ。
ガムシロップそのまま飲む、たれをどぶどぶ付けながらみたらし団子を食べる、水飴そのまま食べる、供えられたおはぎにも手を出すし。

あと、女性陣は太もも出しすぎだよ(笑)
でも高田と西山冴子の女の対決もなかなか。
出目川もよかった。
松田の射撃がすごかった。
ワタリがジェバンニの代わりに頑張ってくれた。


映画がとてもよかったのには役者のはまり具合も大きいな。
松山ケンイチのLが本当にぴったりだった。
あの怪しい動きがぴったり。椅子の座り方とか。
椅子からの落ち方もすばらしかった。
藤原竜也のライトもよかったよ。
個人的に好きというのもあるけどあの白ライト黒ライトが上手く演じられていたと思う。
優等生がはまってるよなあ。


なんか原作で私の不満だったものが映画で上手く消化された気分なのかなこれは。
でももちろん原作は原作で好きです。
これでデスノートが終わったと思うとちょっとさみしいなあ。
アニメはあるけどストーリーを変えることはしないだろうし。





スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/65-26b75e37
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。