--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.18

桜蘭高校ホスト部 9巻 葉鳥ビスコ 白泉社(移動記事)

*前ブログからの移動記事です。


とうとうアニメ化までしちゃって大人気なホスト部。最近は本誌で読んでるので内容はわかってたけどまとめ読みすると印象も変わるねえ。
ネタバレあり↓




この巻の見所は双子の過去と殿がとうとう自覚か!?ってところだな。
いやあ、双子が屈折してるのはわかってたけどこれはなかなかだなあ。
「別個な自分達」と「2人でひとつ」が自分達には当然であり、それを認めない他人を見下している。
けれど殿にそれでいいと言われると「普通じゃない」と否定しちゃう。
矛盾と屈折。(いいわ~。)
それを「個性」と言ってのけた殿に惚れ直しちゃったよ。
双子はなんだかんだ言って殿大好きだよね。38話でもそうだし。

さて、そんな殿だけどとうとう「自覚」がきたか!?
と思ったけどまだみたい。
まあ天然純情おばかちゃんな殿だからなあ。ほんと可愛いなあ。
こんなに可愛くていいのだろうか?なんかすごいドキドキしたよ。
ていうかホスト部はみんな可愛すぎるんだよ!なに、あの光は?
なに?あの悩むモリ先輩は(笑)
光もあの感情に気付く日が来るのだろうか…。
(私は光のハルヒに対するものはちょー未熟な恋愛だと思っております)

環パパはやっぱりかっこいいなあ。ほわん。
須王第二邸の皆さんは簡単に言うと環坊ちゃん萌えなんだね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/4-69696c91
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。