--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.08

魔人探偵脳噛ネウロ第80話 痒【かゆい】感想

魔人探偵脳噛ネウロ第80話 痒【かゆい】
ネタバレ感想。



ぎゃああ!どうしうよう。これ。
なんかこうきたか、って感じで。
今回はもう切なさも萌えも色々きちゃったよ。


下だとばっかり思ってたら上から弥子が!
もう、それはあっさりとネウロは弥子を助けちゃったよ。
(1ページ目の弥子は長袖で2ページ目から半袖なのはご愛嬌)
いや、まあ助け方は蹴りで弥子は血吐いてるけどさ。
3ページ目の弥子の「……!!」ってどうとったらいいのだろう?
ヒグチの言葉で自分がネウロに助けられたって気付いたってことか?
そんな、弥子!今まであの魔人はいっぱい助けてくれてきたのに。
全く知らなかったとでも??
まあ、助け方が嫌がらせと紙一重だったけどさ。いや兼ねてたのか。
ソファぶつけたりふみつけたりでさ。
HALだってネウロは弥子を助けるとわかってるのにさ。

もう最近の弥子とネウロの関係はネウロからのベクトルが大きすぎる気がするよ。(進化の期待とか愛情(?)とか)いや、ネウヤコフィルターはずしてもそうだと思うんだけど。(違うかなあ?ちょっと自信が…)
弥子は今回の件には関わりたくないみたいなのに、ネウロは期待をかけてるし必要になるかもとまで言ってるのにさ。こう、重いね。

しかし、もうネウロって何考えてるのかは私にはわからない。
いや相手は魔人さんなんでわからんか、って感じですが。
ネウロが自分の身を犠牲にしてでも弥子を助けるだろうというのは予測できたけどほんと、実際にされるとぎゃッ!と戸惑ってしまうのよ。
ごまかしようのないほどあからさまな助け方じゃん。
いや、大歓迎なんだけどさ。
普段あれだけドSな面を見せてるけど肝心な時には助けるというのは、ああ、ネウロはツンデレか?
ネウロを見る弥子も結構落ち着いてるなあ。慣れなのか?
(個人的にはもうちょっと取り乱してくれてもOK。)
このよくわかんない2人の関係が非常にツボだ。

ネウロって自分が魔人だろうが人間だろうが興味あるのは「究極の謎」だけみたいだし、今回みたいにピンチなのに見た目冷静で「絶対絶命…というやつか?」なんて!ちょっと!
生に対する執着が薄いの?いや、攻撃はしてるから達観か?
弥子に期待してるの???
いやしかし不謹慎ながら、傷ついているネウロというのもかっこよかったよ。


私ってばネウヤコを語りすぎだよ。

さてさて、ヒグチだけどもう切ない、可哀そうで…。
なんかよくわからん奴ではあったけどこんな過去があったなんて。
ショックだ。
愉快犯とかではなく過去の悲惨な体験が彼をこうしたのか。
ああ、わくわくしながら帰ってドアを開ける時のひぐちの顔が期待にあふれてて。その後の現実を思うともう可哀そうで。
「かまってほしくてさあ!!」の台詞が胸にくるよ。
ヒグチの願望は本当は「かまってほしい」なのかなあ。
犯罪者だらけの世界を望むのは自分と同じ犯罪者がいることで自分だけじゃない皆もそうなんだと思うためなのかな。

はたして弥子は彼を救えるのかなあ。
ぜひ救ってほしいけどどうやって救うのだろう。
「この人は…!!」ってあったから弥子は何か思うところがあるんだろうけど。私にはどうやって彼をとめたらいいのかわかんないや。
ヒグチも弥子も自分のせいで親を亡くしているという共通点があるけど実は全く違う所があるもん。
弥子は家族にとても愛されて育ってきたけどヒグチはそうじゃないってこと。両親がネトゲにはまる前のことは知らないけどあまりかまってもらってなさそうだし。
以前の絵石家編の由香さんの時は結局親子愛があったから自分の経験からも話すことができただろうけど今回はなあ。
ああ、上手くいきますように。ヒグチが救われますように。
がんばれ弥子!
そういやヒグチってよく「桂木」って呼ぶなあ。

今回のことがアヤさんが言ってたネウロが弥子を必要とする時なんだろうな。
来週がめっちゃ楽しみだ。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/36-9bf633e8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。