--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.22

銀魂 第24話 「カワイイ顔には必ず何かが隠れてる」

銀魂 第24話 「カワイイ顔には必ず何かが隠れてる」
感想。

ヅラ子とパー子の登場です。

今回はめっちゃ濃かった。
この回の原作は巻頭カラーがお登勢さんと西郷さんの対決で度肝抜かれたけど始終カラーのアニメはまたすごかった。

ほんと、カラーになると違うなあ。破壊力とかいろいろ。
ヅラ子がパープル系でパー子がピンク系。
いやあ、マジでヅラ子は美人だったことにびっくり。
マジで腰振って踊るヅラ子とパー子が愛しかったよ。


エリザベスはほんとかわいいなあ。
桂のために怒るベス、後ろから桂を羽交い絞めにするベス、ヅラ子とともにかまっ娘で働くベス。健気だ。

「なんでアゴ限定の強さなんだよ」
と銀時パー子につっこむ桂ヅラ子になぜかびっくりしてしまった。
あっ、最近の桂はボケ一色だから突っ込む姿が新鮮だったのか?

よっちゃんに皇子にじいもやっぱりいい味だしてた。
「ポチ ラブミ~」

かまっ娘達が素敵な話でもあるけど、西郷親子のいい話でもありました。
てる彦君は天然の突っ込み気質にボケも備わってて将来が楽しみな子だ。

最後のオマケ!
革ジャン着たサムライ!
かっこいい!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/22-5e7a9235
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。