--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.23

クララ白書・アグネス白書

ここ一週間でクララ白書、アグネス白書、蕨ヶ丘物語読了。


やっぱりしーのと光太郎の仲ってすごく萌えるんですが。

年の差が結構好きなんだ。
年下の女の子が強気なのがいい。
まあしーのがはっきり恋人というか好きなのかはまあ微妙なんだけど。
喧嘩して大切さに気づくというか光太郎をきちんと恋人の位置にいる人と認識していくのがよい。
文化祭辺りでは完璧ヤキモチやいてたし。
色々言い訳しながらというのが素直じゃないなあ。ツンデレ?

まあ光太郎も光太郎なんだけどね。
大学生なんだから高校生のしーのより余裕もとうよ、と思うけどもう大学も卒業した今の私としてはまあまだ20歳だししーのは何気にもてるし光太郎のやきもきする気持ちもわかる。

しかし陰険だったりするしなあ。

三巻達が計画してくれなかったらこの二人はどうしてたんだろう。

コンサート会場でしーのが腕をつかんでなきじゃくるというのがかわいいなあ。
幼いけどそこがしーののいいところだ。

電話での「恋人、友達」のせりふ。
あれは何気なくいってるけど聞きようによったら。というか光太郎はそうとったぞ。
あなたは恋人と言ってるもんじゃないか。
光太郎が言った時に恋人じゃないと反論したくせに。
あと腕くんでるのを見て自分は手もつないだことないとかさ。
あとあと、前の日に念入りシャンプーしてるのがもう!
光太郎=恋人と無意識のうちに認定されてんじゃないのかよ。

とかとか。

昔はしーの→光太郎が薄いと思ってたけど今読んだらそうでもなくてびっくり。


クララがずいぶんと初期作品で驚いたわ。
ああ、もう初期とか後期の作品というくくりができてしまうのがいやだ。

本当に惜しい人を亡くした。
ああ、もう続きが読めないんだ。
蒼の迷宮だっけ?あれもいつか続きがでたらと思ってたのに一生無理なんだ。

ああ、再販してくれないかしら。
クララ、アグネスは古本で買ってる上に昭和60年ものやし。

ジャパネスクは母が買ったのと中古と新刊やからまだましなはずやけど。
雑居時代が読みたいなあ。
でもこれはラブが薄いしなあ。
おじさんはあれやしヒーロー?はホモやし。
うーん、この時代からやっぱりホモはあったんだなあ。と思ったり。

ラブコメなのってクララアグネスとジャパだけ?
なぎさボーイのシリーズはなんか中途半端なイメージと煮え切らない男女というイメージで中学時代は興味もてなかったし。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/202-c912915b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。