--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.20

銀魂 第23話 「困った時は笑っとけ笑っとけ」 感想

銀魂 第23話 「困った時は笑っとけ笑っとけ」 
かんそうー。

今回も面白かったー。
原作2話分をまとめたから今回はオリジナル要素が少なめ。
でもアバンが受けたよ。(笑)
はじめさっちゃん出てきて「え?」となって、
オチは「奥様はマゾだったのです」だもの。
いやあ、さっちゃんははじけてるなあ。

工場長神楽ちゃん。
なんだかんだ言ってちゃんと「工場長」と呼んであげる2人が好きだ。

ようやく登場の坂本さん。声は三木さん。
なかなかぴったりで嬉しかった。
銀魂は結構声が違和感なくていいよ。

神楽にひっついてる定春、坂本に噛み付いてる定春がなんかめっちゃかわいかった。

宇宙船出発のシーンがムダにかっこよくて笑えた。
この時の音楽が何かに似てる。なんだっけ?

「萌える闘魂」。
やっぱ配慮されてた。当然か。突っ込んじゃまずいもんな。

陸奥も登場ー!
原作読んだとき男だと思ったのも今は思い出。
アニメだと声があるから女だってわかるね。
坂本の「陸奥ははちきんじゃき」がわからなかったけどこれ土佐弁なんだそうです。
意味は、お転婆・活きがいい女ってことだそうで。

原作の「病気」発言もすごかったけどアニメの「ふぐり腐らせて死ねも」すごいよ。いいの、これ?(笑)
銀さんの股の金属発言といい今回もしっかり下ネタありで。
ほんとすごいアニメだ。

頭からっぽでも大義のある坂本はかっこよかったし、
銀さんの「大義を通す前に マナーを通せ マナーを」もやっぱかっこいい。さすが主人公。
でもあのツッコミもその通り。

宇宙で釣る坂本と地球で何度でもリリースする銀さん。
2人の友情がいいな。
でも、銀さんって攘夷の皆にはSだな、とか思っちゃった。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/19-e431ec7e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。