--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.09

十二秘色のパレット  第17話

こういう時は田舎でも関西に住んでいて良かったと思うよ。
というわけで、LaLaDX3月号。1日はやい早売りを手に入れました。

なんか気付いたらパレットのために毎号買ってるなあ。

とくだらないことを書き綴って心を落ち着けているのですよ。
もう、ちょーびっくりした!
めちゃくちゃびっくりした!
まさか!

ネタバレですのでご注意を!



----------------------------------------------------------------------------------
もやもやしてるセロはこういう時は女友達と枕を並べるに限るとモスリンの部屋へ。
そこで前回のことを説明。「チェッ」となった心理の解説を求める。
モスリン曰く答えは一つ。ジェラシーでありその人のことが好きなのだと。

翌日、セロはイマイチ気持ちがはっきりしないので、視点の角度を普段と変えてみることに。
そこへちょうどグエル先生が現れオパルへ来て寮に入るまでお世話になっていた家族の娘さんが結婚するため秘色でお祝いするという。
自分の知らないグエル先生を知っている人たちは視点の角度を変え隠れている気持ちに光を当ててくれるかも。
ということでお手伝いに行くことに。

で、なんだかんだでセロメインの屋根に登り虹を作るというの余興が行われることに。

無事成功するんだけどお決まりで屋根から足を滑らし落ちるセロ。
しかしそれを読んでおり下では布を広げ拾う体勢はばっちりだったのだが、布を張りすぎたためセロは跳ねてまた飛んでしまう。
飛んだ先はグエル先生の所。
ぎりぎり互いの顔の差わずか5cmでグエル先生ナイスキャッチ。

「こんな近くに 先生を見るのはじめてだ。」

「ああ 好きかもしれない」


「…なんでキスするの?」

「先生がかわいい人だからです」

----------------------------------------------------------------------------------



はい。こんなストーリー。
うわー。恥ずかしいー。
前回の段階でグエル先生のシップを直そうとしたら邪魔が(ゴスティさん)入り「チェッ」てセロがなって終わったから何かしらあると思ったけど……!

とうとう、ていうか結構急にやっちゃったよ。
それもセロから!

グエル先生もそのあとセロを抱きしめてやっちゃうかと思ったけど我に返り「ナシ! 今のナシ!」だもんなあ。

グエル先生がセロを受け止めた時あの場にいた先生方、絶対事故チューを想像してた!
「セロそれって無事ですか?」とか「全面的に無事故で何より!」とかさ!胸キュンしてた先生もいるみたいだし。
もうこの先生方最高だ!

ああ、この2人次回からどうなるんだ!
まさか一気にここまで進むとはなあ。
もうここまできたら草川先生のHPにあるあのラブラブの2人のイラストも違和感ないねv

さて、今回可哀想だけど可愛い子がいたよ。
それはヨーヨー。
モスリンに相談してる時から「バカバカ」「ヤダヤダ」と暴れ最後にはシーツを被って「シクシク」泣いてた!
もうかわいい!

最後にはオルガとヨーヨーが激しい胸騒ぎでウロウロ。

ああ、大満足!


3月5日には4巻発売!

スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/124-071ee4bc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。