--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.08

ヒミツの花園 

ヒミツの花園
第5話 

大河からの影響で堺さん好きなので見始めた「ヒミツの花園」。
この微妙さがおもしろいなあ、と思い見続けてます。

好み的にも長男航が好き。
なんだけど、これ夏世が誰かとくっついて終わりというストーリーになるのかなあ。
希望は長男だけど、ここのところ次男修がめちゃくちゃおもしろくて大穴で彼希望。

編集長は三男智に惚れたみたいだけど田中ちゃんにも未練があるみたいだし。
でもガンダム・シャアで盛り上がったしゃぶしゃぶパーティみてると次男編集長もあり?

編集長、面白いキャラだなあ。
まあうざくもあるけど。
タクシーのシーンは半分くらいアドリブじゃない?
長男の「あさって」が素に聞こえちゃった。

あの謎の女みすずは一体何者なのか?
いや、拓実の恋人だったのか。
いきなり長男に告白はビビッタよ。
でも長男の叫びはよかったよ。
それにしても拓実君は可哀想過ぎるだろ。
ていうか一体どういう性格してるんだ?
ペット呼ばわりとか。
うーん。今後どう絡むのかなあ。

長男次男三男の少年時代がめちゃくちゃよかった!
かわいかったし、何より次男!
そっくり!!
いやあ、お姫さまの絵を描いて仲直りなんてほんとほのぼのしたよ。

その絵を未だに大事にこっそりクローゼットに入れてるなんて。
なんだかんだ言ってもやっぱり兄弟というのは特別なんだなあ。
次男がコート着せてる時点なにかあるなと。
やっぱりなあ。
でもその素直じゃないところがまたよし。
素直じゃないというと長男もだなあ。
「迎えに行かなくていい」と言いつつ、インク切れたとか言ってホテル行ったり。
鍋パーティを知って帰ってきたのか!と喜んでたり。
兄弟万歳!

四男陽は三人の思い出がわからなくてちょっとハブってたけど。
ホテルでの取っ組み合いの時にまきこまれてたり。

さて、主役の夏世。
微妙に影が薄いような気が…。
でも「作家を守るのも編集者の仕事ですから」
とか成長が垣間見えたよ。がんばれ。
次男が「夏世っぺ」呼びした事に私が妙にドキッとしたよ。

最後は四兄弟めちゃくちゃ楽しそうで。
で三男の「サンキュ」に軽く胸キュン。
あれは夏世もだよね?
あそこで長男映るのがまた意味深。

4人が「花園ゆり子」の正体を隠してるのは少女漫画家は女性というこだわりという一つの理由がわかった。
けれど、これだけじゃないよなあ。
あの奥の部屋がキーポイントかなあ。
気になった点が一つ。
パタリロの作者は男性だと思う。

来週も楽しみだ。
身代わり作戦か。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/121-83d97226
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。