--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.18

BLOOD+ 49話「2人の女王」 感想(移動記事)

*前ブログからの移動記事です。


BLOOD+ 49話「2人の女王」 感想


ヴァン、哀れ。

なんか結果だけみると二組の戦いは結構あっさりとケリがつきました。

結局ハジは人型保ったままか。
アンシェル、あっけなかったなあ。いまいちなにがあったかわからんかった。
ハジの頭脳勝ちでok?


「オレは不死身のルイスだぜ」 「あたいも不死身のルルゥだよ」

ルイス素敵だ!
このコンビ好きだー。

デヴィッドの格好にぎゃっと叫んじゃった。

小夜VSディーヴァ

「姉さまはずるいよ。自分だけ人間扱いされて。自分だけ幸せで。じぶんだけ楽しくてさ。」

あの舞台装置って動物園を模してるのかな。
小夜の赤とディーヴァの青のコントラストがきれいだなあ。
やっぱあの服装は戦いにくかったのね。

相打ちかとおもわせてディーヴァだけ結晶化。
ディーヴァは赤ちゃんを産んだため血は力を失っていた。
ディーヴァと双子の赤ちゃんが草原で寝転んでるのに泣きそうになっちゃった。
ディーヴァは一人で寂しかったのか。家族が欲しかっただけか。

小夜の「くっついて」にはちょっと驚いた。
でも初めは仲良しな2人だったし、姉妹だし。
ディーヴァを殺すことを目的として生きてきたけどやっぱり感情は感情としてディーヴァに対して
違う感情もあったのかな。
小夜が泣き叫んだのが痛かった。

やっぱりポケットの鍵に気付いてカイは小夜の元に。
ディーヴァの娘を殺して自分も死ぬととうとうカイに告白。

カイは小夜にどうでるんだろう。
ディーヴァの子はリクの子でもあるし。

さて、次回最終回「ナンクルナイサ」
小夜は最後どんな決断を下すんだろう。
三角関係にも決着がつくらしい。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/12-bf9d43ec
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。