--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.31

2006年を振り返って その2

2006年を振り返って その2

●ライトノベル●
★そのときシリーズ 高殿円
 「そのとき翼は舞い降りた」
 「そのとき鋼は砕かれた」
 「そのとき君という光が」
(ミルドレッドとフランの関係がとても好き。いつか続きがでることを祈って)
・アルスラーン戦記 田中芳樹
・彩雲国物語 雪乃紗衣
 「光降る碧の大地」
 「藍より出でて青」
 「紅梅は夜に香る」
 「緑風は刃のごとく」
・交響詩篇エウレカセブン 杉原智則
 (小説版もハッピーエンドでよかったよ。)
・銃姫 高殿円
・よかったり悪かったりする魔女 野梨原華南
・雄飛の花嫁 森崎朝香
 (こういう段々と心を通わせていく話が好き。シリーズ物みたいなので続きを読まねば)
・丘の家のミッキー 1巻 久美沙織
・カーリー 高殿円
 (あんな後書きだったけれどちゃんと続きがでるようで一安心)

◎今年も高殿円は熱かった!ビーンズから撤退したけれど他社でも色々と出してくれて嬉しいなあ。もっと読みたいライトノベルがあるので来年も色々読もう。
とりあえず「涼宮ハルヒ」シリーズを読みたいなあ。

●小説●
・県庁の星 林望実
・図書室の海 恩田陸
・高慢と偏見 ジェーン・オースティン
・エマ ジェーン・オースティン
・ブラッドタイド メルヴィン・バージェス
・トリポッド ジョン・クリストファー
・黒と茶の幻想 恩田陸
・ユージニア 恩田陸
・マンスフィールドパーク ジェーン・オースティン
・嵐が丘 エミリー・ブロンテ
・ジェーン・オースティンの読書会 カレン・ジョイ・ファウラー
・メディエーター 
 ジェニー・キャロル 
 「霊能者の祈り」
 「呪われた転校生」
 メグ・キャボット 
 「ゴースト 好きになっちゃた」
・さよなら妖精 米澤穂信
・マーシーの夏 ドロシー・ギルマン
・ネクロポリス 恩田陸
・少女小説から世界が見える 川端有子
★陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎
・陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎
・鴨とアヒルのコインロッカー 伊坂幸太郎
★期間限定いちごタルト事件 米澤穂信
★期間限定トロピカルパフェ事件 米澤穂信
・カミングアウト 高殿円

◎今年初めて読んだ作者で良かったのが、米澤穂信と伊坂幸太郎。
小鳩君と小山内さんの2人の今後が気になるー。トロピカルパフェを筆頭に色々おいしそうだったなあ。
あと、名作系も読もうと思ってオースティンに挑戦。
外国の時代物大好き。
 

●児童文学●
・セバスチアンからの電話 イリーナ・コルシュノフ
・星空から来た犬 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
・その歌声は転移あふれる ジャミラ・ガヴィン
・ヘックスウッド ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
・風神秘抄 荻原規子
・時をさまようタック ナタリー・バビット
・続あしながおじさん ジーン・ウェブスター
・黒馬物語 アンナ・シューエル
・ふくろう皿の模様 アラン・ガーナー
・トワイライト 1~3 ステファニー・メイヤー
・スカイラー通り19番地 E.L.カニグズバーグ
★バビロンまでは何マイル ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
・イサナと不知火のきみ たつみや章
・裔を継ぐ者 たつみや章
★エラゴン クリストファー・パオリーニ
 (エラゴンは既存のファンタジーの題材を上手く取り入れてた。でもクリとかそういうのではなく上手くエラゴンの世界を作ってた。映画も見に行こうっと。)

◎あまり読めなかったなあ。残念。


今年は色々とあって中々本を読むことができずに残念。
来年はとうとう社会人になるから慣れるまでは暇がないだろうなあ。

来年もほそぼそと燃えたり萌えた物の感想なんかを書いていきますのでよろしければお付き合いください。
良いお年を~。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/110-4b8d7294
この記事へのトラックバック
E・L・カニグズバーグエレイン・ローブル=カニグズバーグ(Elaine Lobl Konigsburg, 1930年2月10日-)はアメリカの児童文学作家。1967年デビュー。1968年、『クローディアの秘密』で初の、1997年『ティーパーティーの謎』で二度目のニューベリー賞を受賞。ウィットに富ん
【E・L・カニグズバーグ】について | 童話大辞典 at 2007.02.05 02:33
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。