--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.31

メイプル戦記 川原泉

「メイプル戦記」全2巻(文庫)川原泉 白泉社

プロ野球セ・リーグに7番目の球団が誕生。
その名は「スイート・メイプルス」。
このチームはなんと日本初の女子プロ野球チームなのです!
「甲子園の空に笑え!」の広岡真理子を監督に迎えたメイプルスのペナントレースが始まるのです。


野球はほとんど知らないのだけれど面白かった!女性だけのチームというアイデアがいいし、やっぱり川原泉さんという独特のテンポがいいんだ。
そして登場人物が個性豊かでだしそれぞれドラマがあり楽しいのです。

まずはドラフト1位指名を受けながらもチームメイトへの恋心に気付いたために、彼の前から姿を消し今ではメイプルスのエース瑠璃子ちゃん
瑠璃子ちゃんの恋のお相手の小早川君はそれほど動じること無くお友達として付き合ってくれるなかなかの人物。最後は恋が実ったのかはよくわからないけれど監督の言うように2人が幸せそうでよかった。

私の特にお気に入りなのは仁科夫妻。
浮気を繰り返すバカ旦那に離婚を迫り家出をした紘子さんだったけれど、試合をしていくうちに互いに妻と夫という関係だけではなく選手として、人間として対等になっていたのがよかった。
恋愛だけではない男女の関係でした。
この2人は別居を解消したのかしら?
随所で夫から妻への想いが見えるシーンが好きだ。
紘子さんにちょっかい出している選手に影からボールを投げたり、新婚旅行の写真みて眉毛がハの字になってたり。
最後にはでっかい花束持ってきてくれるんだよ!
良いなあ。

影のお気に入りは球団社長の立花さんと相本の四つ子の流花。
川原作品によくある年の差カップル的でいいなあと思った。
それに立花さんが流花だけ見分けがついたり、最後のシーンでは走れない立花さんと一緒に歩いていくっていうのがいいシーンだった。

この3組のそれぞれのラストシーンが凄く好きだ。

個人的には広岡監督と高柳さんの関係も好き。
タイタンズがマジック1になった時、監督が選手達に掛けたくても掛けられなかった言葉を高柳さんはちゃんとわかってたってところ。そしてさりげなく肉まん持ってきてくれたりね。
この2人も(特に高柳さんは)互いに認め合っている戦友な関係でいいなあ。

野球な部分でいうと、びっくりしたのがハクション大魔球!
大笑い!
あと、現実の野球界とチームやら選手がかぶってるところかな。
あ、と気付いてニヤニヤしたり。


実際に女子も男子と一緒にプロ野球で試合をするというのはやっぱり体力的に無理があるのかもしれないけれど、この話では優勝までしちゃうという凄さが気持ちよかったのです。
そしてほんわかした気持ちになれるのです。

あとさり気なく「笑う大天使」のキャラが登場しているのですよ。
ミカエル学園で教育実習中の和音さん、そしてあの桜井敦子様ですよ。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://natsuusagi2.blog76.fc2.com/tb.php/106-93307fa4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。