--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.16

コードギアス 反逆のルルーシュ 第21話

コードギアス 反逆のルルーシュ
stage21 学園祭宣言!


ギャグっぽい話かと思いきや色々と動きだしました。

なんか目一杯詰まっていたので結構混乱中。


妄想(?)いれつつ感想を。



●学園祭開催
スタートの合図が「にゃあ」なんて…!
素晴らしいなあ。
「クロヴィスさまの写真ありますよー」
うわー!ちょっと欲しい。
そうそうに亡くなったのにちょこちょこ出てくるなあ。
あ、反抗のスザクのランスロットが。
やっぱあれはないよなあ。
12mのピザ!
やっぱり会長はすごい方だ。
リヴァルはやっぱりいいとこないよね。ピザ作りは失敗だし。


●扇さんとヴィレッタ
なんだ、この要さん。
ヴィレッタをどうしたいんだよ。
でもヴィレッタはかわいかった。かわいかった。
ちょっとでも!
この人何を言い出すんだ。
「私、イレブンになってもいいです」
えええー。


●スザクとカレン。とルル。
またこの子は、物騒なもの持って。
スザクってば成長したなあ。うん。よかった。
カレンとスザクは互いの秘密を知っているけれどスザカレはルルゼロのことを知らないんだよねえ。
ルルはスザクの事を知っても普通に接していられるけれど、スザクがルルの事を知ったときどうなるのだろう。
ルルカレもしかり。
「私に命令できるのはゼロだけなんだからね」
いや、ルルがゼロなんです。と言いたい。
ていうか本当にゼロに心酔してるんだなこの子は。忠犬のよう。
スザクの人気を目の当たりにして複雑なカレン。
目的は似てるからね。

●シュナイゼル殿下
うーん。
この人がわからない。
ユフィへの言葉は本気とは思えない。
本気だとしてもユフィの思っていた意味とは違うだろうね。
コーネリアへの態度がたまらん。
むずがゆいというか。
シュナイゼル兄上にでれるコーネリア様が見られるとは。

●セシルさん、でもってロイドとミレイ
人間モグラたたきでハンマーの柄が折れるほどロイド似を叩きまくったセシルさん。
ロイドさんはそろそろ気をつけないと危ないぞ。
ロイドの目的はガニメデなわけだけどこの2人、なかなかいいんじゃないかしら。

●危機一髪、いろいろと。
カレン扇ヴィレッタとスザクシャーリーとルルC.C.。
こういうドタバタは好き。
だけれど段々とルルーシュの立場が危なくなるんじゃないかと思える。
あの場でギアスを使っていないのは要だけだったし。
ヴィレッタのことは忘れてるし。
思いもよらずちょっとルルシャリを見た、気がする。
でもカレンがかっこよかった。
アーサーw何やってんの。
それにしてもヴィレッタさん、ルルにシャーリー見ても記憶が戻らないのか。
そういえば、記憶は無いだろうけれどルルーシュとは呼ぶんだね。
でも「ルル」じゃない。
ユフィといてるルルを見たシャーリーはヤキモチやいてるように見えた(フィルターで)


●ナナリーとユーフェミア
みたかった!とっても見たかった!
「どっちがお兄様のお嫁さんになるかって」
「どっちにするか今夜決めてって」
うわー。やっぱり好きだったんだね。
かわいいよー。
でもって現在の相手はどちらもスザクなんだね。
切ないなあ。ナナリーかわいそう。
ナナリーはスザクが好きだったのかあ。
「今でもお兄様を?」
って言うのがちょっと年齢考えるとやばいじゃん。異母兄とはいえ。(いやそれでもいいけどね)
と思ったけれど、これは遠まわしに言ってるだけでスザクとの関係を知りたかったんだろうな。ナナリー。
切ない恋心。

●宣言
ユフィ、やっちゃった。って感じ。
どうもこれはシュナイゼルに上手くのせられちゃった感があるなあ。
イレブンからはもちろん賛同を得られるだろうけれど、ブリタニア人からは反発あるでしょう。
実際この場でもそうだったし。
この学校はオープンだからと学園祭にはイレブンを誘っていたのに、実際に行政特区を作ることにはいい顔をしていない生徒がいたもの。
その理由も恋人=スザクがイレブンだからと見られているし。
ユフィの立場は危うくなりそうで怖いな。
そして、ユフィとしてはこれでルルーシュとナナリーと昔のように。
と考えているんだけど、どうやって?
だって「日本」を再び作ったとしてもルルとナナリーは「ブリタニア人」ですでに亡くなったとされている皇族なのに。
だからユフィのやり方ではルルーシュゼロの目指すナナリーが暮らせる国にはならいもの。
あれ?この考え方違うのかなあ。
理解できてないだけ?

宣言した時のユフィ(スザク)とルルナナリーの立ち位置の対比がなあ。
日の当たる、皆に注目されたナイトメアの手の上の皇女ユーフェミアと、人目から隠れユーフェミアからは見下ろされる位置にあるルルとナナリー。
ユフィに悪気は無いのだろうけれど何一つ2人のためになっていないからなあ。
前々回などルルの元来の性質の優しさ、ユフィと2人きりの時は昔のままのルルーシュでいて彼女に危害は加えなかった。
などなどこの甘さでどうするんだろう、と思っていたけれどこれからはまた黒くなっていきそう。
兄弟を手にかけた時のルルーシュのように。
仲の良かった妹をも手にかけることになるのかしら。

ユフィの宣言がルルーシュとナナリーを追い詰めるものではあったけれど、私はそれ以上にルルがこれだけ怒っているのは違う理由にも見えてしまう。
ナナリーがスザクのことを好きだったと分かったからじゃないの?
皇女という地位も失い、スザクという騎士も失ったナナリー。
反対にその2つと持っているユフィ。
本当にルルーシュはナナリーのためになんでもするんだろうな。
「ルルーシュ、また昔みたいに」
「違うんだもう昔とは。ユーフェミア」
ああ、もう。目が怖い。愛称で呼ばないし。
ユフィが憎くて仕方ないって目で。可愛さあまって憎さ百倍な感じか。
19話のルルユフィカムバック。

震えるルルーシュの手をとったナナリー。
実は目が見える、歩けるとまでは思えないけれどやっぱりナナリーはルルーシュがゼロだとわかっているんじゃなかろうか。
ついでに咲世子さんも。

●注目の人
その1.ジェレミア卿。
うわーー。改造人間ですか?
さすがオレンジだけあってオレンジの液体に入っております。
でも、このジェレミア。なんか色気あってかっこよかった。

その2.咲世子さん。
ええー。
この人スパイやってたの!それもディートハルトと絡んでたのか。

その3.ギアスをかけられた少女。
まだギアスがかかっているみたい。また登場したけれど何か意味があるのかしら。

●C.C.
どれだけピザが大好きなんだ!!


次回「血染めのユフィ」
うわーーー。不吉なタイトル!
これは誰の血かしら。
こわいこわい。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。