--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.26

コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話

コードギアス 反逆のルルーシュ
stage15 「喝采のマオ」

前々回の名シーンの3位がルルーシュのシャワーシーンだというのはどうなんだ…。
反逆の山々を聴いた後だとすごいギャップを感じてしまう(笑)

ギアスっていうのは人によるんだ。ふむふむ。
マオのギアスは強いけれど人の思考が勝手に入ってくるのは辛いなあ。
だからこそあのヘッドフォンのC.C.の声は仕方ないなあ。

「シュナイゼル兄様以来じゃないですか。」
ナナリーの口からこんな台詞が!
未だ登場しないシュナイゼルだけど、ブリタニア本国では一体どういう兄弟関係だったのだろう。仲良しだったのだろうか。

・シャーリー
もしかしてもう登場しなかと思ってたら普通に登場。
ああ、ルルのことだけ忘れたんだなあ。
なんかもうこのシャーリーの普通さが切ないなあ。
ルルーシュが随分とシャーリーの事を思ってるのが所々で見えて。
泣ける。

「伯爵閣下なら出来るんじゃないですか?」
ええ~!?
セシルさんのびっくり発言。
そりゃ只者ではなさそうだったけど伯爵かあ。
ロイドさん、偉い人だったんだ。
あれ、でもジェレミアさんは辺境伯だった(過去形)からジェレミアさんの方が位が高かったのか。ふーん。
(メルマガ情報。大公爵>公爵>侯爵>辺境伯>伯爵>子爵>男爵>騎士>武勲候 とのこと。)

やっぱりスザクの過去・トラウマにはお父さんが絡んでるんだろうな。
何があったんだろう。
藤堂達の会話で「徹底抗戦を唱えていたのに、真っ先に自決した売国奴」とあったしスザク父の死にスザクが関わってるのかな。

・ミレイさん
え?ミレイ→ルル?
お見合い話がまだ続いているからにはこのお見合い、本編に絡むのかな。
相手としては皇帝やシュナイゼルが浮かぶけど今回伯爵であった事が判明したロイドさんに一票。
がんばれ、リヴァル。

・ヴィレッタ・要さん
ええー!そんなベタな!
記憶喪失かあ。うーん。
要さんあっさり受け入れすぎだよ。
それにしてもヴィレッタさん、すっかりかわいい人になっちゃって。
これからが楽しみだ。
けど要さん頑張って生きてくださいと祈らずにはいられない。
そういやジェレミアさんはどうなるんだろう…。

・ルルーシュとマオとC.C.
う~ん、三角関係。
マオとC.C.はお母さんと子供みたいだった。
6歳であんなギアス手に入れちゃったらあんな性格になってもしかたないよなあ。
というかギアスのせいで子供のまま成長できなかったんだろうな。
C.C.に対する愛情は歪みまくってたけど可哀想だとも思う。
いや、チェーンソー出してきたのはマジでビビッたけどさ。
バラバラにしてバッグにつめて飛行機。とか…?
マオがチェーンソーで切った看板の文章が
「Please hold on to small children.」というのは示唆的だよなあ。

ルルーシュとC.C.はツンデレ?と思わずにはいられなかった。
さすがルルーシュな口の上手い煽り方。
「全てを手に入れた」とか(笑)
お姫様抱っこをしたルルーシュにびっくり。
あの細腕にそんな力があったのか、と。

C.C.は利用したと言いつつも愛情を持ってたんだろうなあ。
あれだけされても「ちゃんと話せば」と言えるだなんて。
マオが撃たれる瞬間、ルルーシュがC.C.を庇うようにしたのがポイントだった。

それにしてもなぜ、C.C.はたった6歳のマオと契約したのだろう。
1話で子供時代のルルを見ているC.C.らしき人物も見えるし。
どういう基準で選んだの?
そもそもC.C.の願いってなんだろう。

マオ、あっさりというかなかなかの死にっぷり。
もったいないなあ。これで終わりなのか。
今回の事でルルーシュとC.C.の絆が深まったというか、ルルーシュからの契約でお互い同等な関係になれたけど。(握手の時のルルーシュの手の動きがもどかしかったー。2人の関係は恋愛的なものではなく仲間、同士というのがいいな。)
まさか当て馬ではないよね?
草尾さんの声がよかった。


今回の舞台の遊園地=クロヴィスランド。
さすがクロヴィス殿下!メルヘンだ。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。