--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.31

2006年を振り返って その2

2006年を振り返って その2

●ライトノベル●
★そのときシリーズ 高殿円
 「そのとき翼は舞い降りた」
 「そのとき鋼は砕かれた」
 「そのとき君という光が」
(ミルドレッドとフランの関係がとても好き。いつか続きがでることを祈って)
・アルスラーン戦記 田中芳樹
・彩雲国物語 雪乃紗衣
 「光降る碧の大地」
 「藍より出でて青」
 「紅梅は夜に香る」
 「緑風は刃のごとく」
・交響詩篇エウレカセブン 杉原智則
 (小説版もハッピーエンドでよかったよ。)
・銃姫 高殿円
・よかったり悪かったりする魔女 野梨原華南
・雄飛の花嫁 森崎朝香
 (こういう段々と心を通わせていく話が好き。シリーズ物みたいなので続きを読まねば)
・丘の家のミッキー 1巻 久美沙織
・カーリー 高殿円
 (あんな後書きだったけれどちゃんと続きがでるようで一安心)

◎今年も高殿円は熱かった!ビーンズから撤退したけれど他社でも色々と出してくれて嬉しいなあ。もっと読みたいライトノベルがあるので来年も色々読もう。
とりあえず「涼宮ハルヒ」シリーズを読みたいなあ。

●小説●
・県庁の星 林望実
・図書室の海 恩田陸
・高慢と偏見 ジェーン・オースティン
・エマ ジェーン・オースティン
・ブラッドタイド メルヴィン・バージェス
・トリポッド ジョン・クリストファー
・黒と茶の幻想 恩田陸
・ユージニア 恩田陸
・マンスフィールドパーク ジェーン・オースティン
・嵐が丘 エミリー・ブロンテ
・ジェーン・オースティンの読書会 カレン・ジョイ・ファウラー
・メディエーター 
 ジェニー・キャロル 
 「霊能者の祈り」
 「呪われた転校生」
 メグ・キャボット 
 「ゴースト 好きになっちゃた」
・さよなら妖精 米澤穂信
・マーシーの夏 ドロシー・ギルマン
・ネクロポリス 恩田陸
・少女小説から世界が見える 川端有子
★陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎
・陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎
・鴨とアヒルのコインロッカー 伊坂幸太郎
★期間限定いちごタルト事件 米澤穂信
★期間限定トロピカルパフェ事件 米澤穂信
・カミングアウト 高殿円

◎今年初めて読んだ作者で良かったのが、米澤穂信と伊坂幸太郎。
小鳩君と小山内さんの2人の今後が気になるー。トロピカルパフェを筆頭に色々おいしそうだったなあ。
あと、名作系も読もうと思ってオースティンに挑戦。
外国の時代物大好き。
 

●児童文学●
・セバスチアンからの電話 イリーナ・コルシュノフ
・星空から来た犬 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
・その歌声は転移あふれる ジャミラ・ガヴィン
・ヘックスウッド ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
・風神秘抄 荻原規子
・時をさまようタック ナタリー・バビット
・続あしながおじさん ジーン・ウェブスター
・黒馬物語 アンナ・シューエル
・ふくろう皿の模様 アラン・ガーナー
・トワイライト 1~3 ステファニー・メイヤー
・スカイラー通り19番地 E.L.カニグズバーグ
★バビロンまでは何マイル ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
・イサナと不知火のきみ たつみや章
・裔を継ぐ者 たつみや章
★エラゴン クリストファー・パオリーニ
 (エラゴンは既存のファンタジーの題材を上手く取り入れてた。でもクリとかそういうのではなく上手くエラゴンの世界を作ってた。映画も見に行こうっと。)

◎あまり読めなかったなあ。残念。


今年は色々とあって中々本を読むことができずに残念。
来年はとうとう社会人になるから慣れるまでは暇がないだろうなあ。

来年もほそぼそと燃えたり萌えた物の感想なんかを書いていきますのでよろしければお付き合いください。
良いお年を~。




スポンサーサイト
2006.12.31

2006年を振り返って その1

今日でとうとう2006年も終わりを迎えます。
せっかくなので今年の鑑賞物、萌え・燃えた物などを振り返ってみようかと。
ブログもまだはじめて無かったからメモ帳にメモってあるだけなのでまとめになるし。
特にお気に入りは★マーク。

その1

●漫画●
・薔薇のために 吉村明美
・砂の城 一条ゆかり
・蟲師 漆原友紀
・大奥 よしながふみ
・月館の殺人 佐々木倫子
・Under the Rose 船戸明里
・天空聖龍 山口美由紀
・龍の花わずらい 草川為
★笑う大天使 川原泉
★魔人探偵脳噛ネウロ 松井優征
★アイシールド21 稲垣理一郎 村田雄介
・空の食欲魔人 川原泉
・甲子園の空に笑え 川原泉
・フロイト1/2 川原泉
・中国の壺 川原泉
・美貌の果実 川原泉
・メイプル戦記 川原泉
・花衣夢衣 津雲むつみ
・風の輪舞 津雲むつみ

◎今年のベストは川原泉、次点でネウロかな。
 いつか読もうと思いつつ川原作品を今年初めて読んだらもう最高!
 人間ドラマに哲学と深い話がいろいろ。
 恋愛がありそうでないのもポイントだ。
 ネウロは読みきりから読んでいたのに8月頃急にはまったよ。
 

●アニメ●
★交響詩篇エウレカセブン
★コードギアス 反逆のルルーシュ

◎本当に素晴らしいアニメに出会えたなあ。
 

●映画●
・プライドと偏見
・ブラックビューティー
★スクール・オブ・ロック
 (ロックだらけ!スカッとするいい話だった!)
・名探偵コナン 
 「探偵たちの鎮魂歌」
 「迷宮の十字路」
 「世紀末の魔術師」
 「瞳の中の暗殺者」
 「天国へのカウントダウン」
・ブレイブ・ストーリー
・笑う大天使
・デスノート 前編後編
 (原作とはまた違う面白さ。スピンオフが楽しみだ)
・ゲド戦記
 (原作と違うのはまだしも映画としてイマイチだったなあ。残念だ  わ。原作2巻のテナーとハイタカの関係が見えたのは良かったなあ)
★時をかける少女 感想
 (もう最高だった!)
・夜のピクニック
・ドラえもん
 「のび太のアニマルプラネット」
 「のび太のドラビアンナイト」

◎なんか洋画より邦画が良かった年だったなあ。
 なつかしのドラえもんはおもしろかった!

●ゲーム●
・どうぶつの森
・バイトヘル2000
・ぼくのなつやすみ ポータブル
・ジャンプアルティメットスターズ
・幻想水滸伝 1&2

◎うっかりPSPを買ってしまった夏。
 DSもやりつつゲームは楽しかった。


2006.12.31

十二秘色のパレット 第16話 感想

発売からすっかり日が経ってしまったよ。
でもってやっぱりパレットのために購入。
LaLaDX1月号。

●十二秘色のパレット (草川為)
2人の子供っぽい意地がおもしろかったー。
前回でちょっと行動に移してしまったグエル先生と意味がさっぱりわかっていないセロの2人がどうなるかと思いきや。
やっぱり全くわかっていないセロは徹底的に避けることを開始。
「ストップ・ザ・医務室」!

実技担当の女の先生も好きだなあ。
「上3段くらいしか空いてない時のテトリスみたいな集中力」という例えがすごくいい!よく分かるわ。

セロの行動に地味にショックを受ける先生が可愛くて仕方が無かった。
医務室のドアを叩く音を聞いて「ドキ」とする先生なんてもう…!
まあ入ってきたのはテオ君なのですが。

セロの行動に対抗して自分もシカトをするなんて大人気がなさすぎるよ、先生は!でもそこがいい。

当初の目的を忘れたかのようにさけまくる2人。結局仲良く頸椎捻挫。
2人を止めようとした学年主任のリッツ先生は尾骶骨のあたりを打撲v
驚きなことにリッツ先生ってば妻帯者でした。
さり気ない嫌味が良かった(笑)

おっと、グエル先生は上半身裸で寝るのか!

そして!とうとうセロの自覚が来るのか!?
「ちぇっ」って!

ああ、次号も楽しみだ…!


後はまだちゃんと読んでいないので読んで書けたら追記予定。


Posted at 19:58 | マンガ感想 | COM(0) | TB(0) |
2006.12.31

メイプル戦記 川原泉

「メイプル戦記」全2巻(文庫)川原泉 白泉社

プロ野球セ・リーグに7番目の球団が誕生。
その名は「スイート・メイプルス」。
このチームはなんと日本初の女子プロ野球チームなのです!
「甲子園の空に笑え!」の広岡真理子を監督に迎えたメイプルスのペナントレースが始まるのです。


野球はほとんど知らないのだけれど面白かった!女性だけのチームというアイデアがいいし、やっぱり川原泉さんという独特のテンポがいいんだ。
そして登場人物が個性豊かでだしそれぞれドラマがあり楽しいのです。

まずはドラフト1位指名を受けながらもチームメイトへの恋心に気付いたために、彼の前から姿を消し今ではメイプルスのエース瑠璃子ちゃん
瑠璃子ちゃんの恋のお相手の小早川君はそれほど動じること無くお友達として付き合ってくれるなかなかの人物。最後は恋が実ったのかはよくわからないけれど監督の言うように2人が幸せそうでよかった。

私の特にお気に入りなのは仁科夫妻。
浮気を繰り返すバカ旦那に離婚を迫り家出をした紘子さんだったけれど、試合をしていくうちに互いに妻と夫という関係だけではなく選手として、人間として対等になっていたのがよかった。
恋愛だけではない男女の関係でした。
この2人は別居を解消したのかしら?
随所で夫から妻への想いが見えるシーンが好きだ。
紘子さんにちょっかい出している選手に影からボールを投げたり、新婚旅行の写真みて眉毛がハの字になってたり。
最後にはでっかい花束持ってきてくれるんだよ!
良いなあ。

影のお気に入りは球団社長の立花さんと相本の四つ子の流花。
川原作品によくある年の差カップル的でいいなあと思った。
それに立花さんが流花だけ見分けがついたり、最後のシーンでは走れない立花さんと一緒に歩いていくっていうのがいいシーンだった。

この3組のそれぞれのラストシーンが凄く好きだ。

個人的には広岡監督と高柳さんの関係も好き。
タイタンズがマジック1になった時、監督が選手達に掛けたくても掛けられなかった言葉を高柳さんはちゃんとわかってたってところ。そしてさりげなく肉まん持ってきてくれたりね。
この2人も(特に高柳さんは)互いに認め合っている戦友な関係でいいなあ。

野球な部分でいうと、びっくりしたのがハクション大魔球!
大笑い!
あと、現実の野球界とチームやら選手がかぶってるところかな。
あ、と気付いてニヤニヤしたり。


実際に女子も男子と一緒にプロ野球で試合をするというのはやっぱり体力的に無理があるのかもしれないけれど、この話では優勝までしちゃうという凄さが気持ちよかったのです。
そしてほんわかした気持ちになれるのです。

あとさり気なく「笑う大天使」のキャラが登場しているのですよ。
ミカエル学園で教育実習中の和音さん、そしてあの桜井敦子様ですよ。




Posted at 14:22 | マンガ感想 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。