--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.08

コードギアス新OP&ED


今公式サイト見たんだけどオープニングとエンディングが変わるそうで。
2クールだけならずっと同じ曲でやって欲しかったなあ。

で、誰が歌うのかというと…
えっ?

OP:ジン
ED:SunSet Swish


うーーーーん。
これはどうなんだろう。
Blood+の4期のOPだなあ。雷音。
初めて聞いたときはありえない。と思ったけど。
だって何言ってるか全く聞き取れなかったから。
でも毎週聞いてるうちに癖になったというか。
曲調はキライじゃなかったんだけど。
批判がすごそうだなあ。

FLOWは世界観にあった歌詞でいいと思うんだけどなあ。
ジンもコードギアスの世界に合った曲で歌詞だといいな。
うん、少し期待してる。

EDのSunset Swishはきいてみないとなあ。


ちなみにこの間の人気投票の結果も発表。
福山潤氏のコメント付き。
この人ギアスの部屋見た時も思ったけど、オレンジ好きなんだろうなあ(笑)

スポンサーサイト
2006.12.08

コードギアス 反逆のルルーシュ 第9話 

コードギアス 反逆のルルーシュ
stage9 リフレイン
ネタバレ感想。


お、オープニングの絵が変わった!
使いまわしもあるけれど。Ver.2ってところ?

●OP
やったあ!おめでとう。オレンジとヴィレッタさんの新カット!
後々活躍するんだよね。
コーネリアス、親衛隊。スザクセシルロイドも新カットが。
あれ?黒の騎士団のところに咲世子小夜子さんが。ちゃんと服も黒い。
えっと、スザクとユーフェミアのカットは某2人を意識しているんでしょうか。
花畑から一転同じポーズに表情で廃墟になるのはどういう意味が?
赤いあれはカレンの新機体?
あの手は誰の手だろう。
炎をバックにしてるランスロット迫力。でも恐いよ。
なんかスザクは黒化するんんだろうか。とふと思ったり。

●本編
ちょっと!!
のっけからこんなシーンだなんて!!ありがとう!
予告の時から気になってたけど。まさか。
カレン、寝る前に脱ぎ捨てベッドに入ってるのか。
そして何も被らずにあの姿で寝てるなんて本当に!
まさかパンツ一枚だとはなあ。
う~ん。すばらしい。
けど常にこうなのか疲れてたからこうなのか。前者でOK。
カレンの髪型はこれが基本なのだろうか。

授業中、カレンがいきなり立ち上がり「黒の騎士団!!」
おお~い!
うっかりさんだ、ドジッ娘だやっぱり。おでこ真っ赤にしてさ。
かわいい。
そういや病弱設定はそのままだよね…?
と思いつつ、実際こう言ってるんだよね。わーお。
すっかり毒されてるんじゃ。

ルルは居眠りの達人。
リヴァルの
「毎晩何してるのか知らないけどさ、授業の半分は寝てるよ、あいつ」
からまたカレンが疑問をもたないかしら。

コーネリアとユフィ。
お姉さま、テロとか武力関係にかまけすぎなのでは。
さっきの黒の騎士団にやられた人達にも武人ゆえ疎い、と言われてるし。

「お前こそもう租界からは出るなよ」
「このエリアは私が綺麗にしてお前に渡す。だから、危ないことは考えるな。な?ユフィ」

超甘いお姉さま。
この「綺麗」がどういう「綺麗」なのかが気になるわ。
副総督の地位にあるユフィだけど執務は何もしてないのかもなあ。

ユフィがゼロと会ったことを回想。
「しかし今は…」
やっぱりゼロは何かを見越してユフィに手を出さなかったのか。
スザユフィなのか、やっぱり。
そのうち再会するかな。

あくびするカレン。かわいい。
二重生活。って怪しいヒビキ。

「おっはようにゃ~ん」
ミレイさん、素敵です。
一人レオタード系な衣装なところがたまりません。
スザクはネコ型ロボットに見えたよ。

シャーリーのお詫びに衣装を用意しといたという台詞がわからない!
どんなお詫びだよ。

「カレンはいらないだろ。とっくに被ってるもんな」
「あなた、テレビにでも出れば?人気者になれるわよ」

なんじゃーこの台詞は~!(そのメイクで格好つけられてもなあ)
ギッリギリの皮肉。ルルこそいらないだろう?
みんなツッコミは無しかい?
あっ、ルル以外にはカレンの性格ばれてないんだよなあ。
それにカレンからするとルルーシュはルルーシュだし。
カレンからは3話でしか性格ばれてないつもりだろうに。
危ないなあ。ルル。
ルルーシュからしたらゼロでもあるからカレンのこと知ってるけどさ。
まあ、なんだ。簡単にいうと萌えた。

スザクーー。
「良かった…。また皆で集まれて本当良かった」
なんだこいつ。なんて可愛い子なんだ。こいつは!
びっくりしたー。
まあ皆は知らないから仕方ないんだけどスザクは実際現場にいたわけだしね。
ランスロットに乗りながらも、目の前で事が起ってるのに助けられなかったと実感してたわけだし。

「ま、たまに空気読めーって言いたくなるけどね」

素晴らしい!ミレイ様!

あれ?ニーナもいつのまにかなじんでるのか?
あの事件で更にイレブン嫌いになるかと思ったのに。
なんかスザクが自然に受け入れられていてよかった。
リヴァルとスザクが仲良しでなんかうれしい。
その代わりにルルとリヴァルの距離が…。

ゼロってばなんかカリスマ的存在になったのか。
「でも、無理強いすれば彼がいなくなってしまう気がする。もう彼がいないと駄目なのかもしれない、私達は」
えっと、カレン→ゼロ?
じゃなくて。

あれ?なんか先週も見たシーンが。総集編のためのカットではなかったのね。
よかった。大人だけでなく子供たちもまねてたんだ。
子供はほほえましいいなあ。

えええーーー。
頬を染めるニーナ!!
もしかしてもしかするのか…?
なに、このアニメ。
百合ホモノーマル各種取り揃えております。なのか。
てまあ、ニーナが落ち着いてたのは心の支えをユフィに見出したからなのか?

ミレイさんがカレンを訪ねてやってきました。
継母!?すごい頭!
朝帰りしてるんだ、やっぱり。

ええ?ピアノにバーベル、鉄アレイ!?
ミレイさんの言う通りめちゃくちゃ複雑なお家事情。
継母、実母がメイド、ハーフ。
ミレイさんってふざけてることも多々あるけど一番大人だなあ。

ルルスザ。
やっぱりまた猫にやられてる。
「黒の騎士団様様」自分で言うなよ。
真剣に話してるスザクの後ろでアーサーかわいい。
スザクの言うことも最もではあるけれど、ルルーシュは幼い時に奇麗事じゃダメだってことを経験してしまっているからな。
力が無ければ何もできないというのを実際に親からされたわけだし。
やっぱりスザクとルルの考え方は平行線のままなのか。
「独善」なあ。うーん。

シャーリーにウインクして去っていくスザク。
気を遣ってくれたわけか。
それにしてもルル。
乙女が勇気を出して行動しようとしたのに!
こいつは。わざとかってくらいひどかったぞ。
「軍にもどらなければ。」というスザクの台詞しか頭にないし。
スザクを気にするのもわかるんだけど、もうちょっと気にかけてあげてよ。

イレブンいじめ。私にはわからんけど見た目でイレブンかブリタニア人なのかわかるのか。
まそれは突っ込んではダメか。

ルルーシュが現れてカレンを止める。
んでもって、カレンの前でギアスを使用。
いいんだろうか?こいつはこれで。
やっぱりどうしても慎重にはみえないぞ。

ホットドック屋さんの反応はブリタニアの学生だけど日本人であるカレンには衝撃だったんだろうなあ。

カレンとルルーシュ。
ブリタニアの支配下にあったほうが国は安定。簡単に名誉ブリタニア人にもなれる。頭が良いからブリタニア人に頭を下げたほうが良い暮らしができる。と分かっている。後はプライドの問題。
これがルルからカレンへの意見。
母を思い出してルルーシュに平手打ち。

「格好いいと思ってるの!?そんな評論家ぶって世間を斜めに見てるのが!!少しでも期待した私が馬鹿だったわ。多少はマシな男だと思ったのに」

カレンから見たらルルーシュは生粋のブリタニア人で、でもシャーリーからの話を聞いたり、生徒会で付き合う内にブリタニア人でも良い人はいるということを知っていってるところだったからかなあ。
「期待」とか「マシな男」っていうのはそういう思いがあったから出た言葉かな、と。

頭が良いから云々はちょっと前までのルルでもあるのかなあ、と思ったり。
平手打ち食らった後のルルの雰囲気からこれってわざとかなあと思ったんだけど。
何もしない。っていうのはゼロからかけ離れた行動だもん。
わざとルルーシュという人物は何も行動しないブリタニア人であると印象づけたのかなあ、と。
でもこそっとルルカレだ!とまた萌えた。

オレンジ・ジェレミアとヴィレッタ。
ヴィレッタさん、うっかり「オレンジ事件」発言。
え?わざと!?違うよね。あなたぐらいは味方でいてください。
ジェレミアの動揺具合が大変かわいらしかった。
あのバーであの服はどうなんだろう。
そうそう、ジェレミアのお酒に「オレンジ」が入ってる気がするんだけど?



さて、これでルルに近づくことができるのか。

玉城、手品=ギアスですよ。(多分)

なんだかんだ言って玉城ノリノリだなあ。「黒の騎士団参上!」

ナイトポリスの攻撃を受けてもどうしても母親を放り出すことができないカレンの葛藤。
「どうして!?いらないのに…!いらないのにっ!!」

「いるから。ずっと傍にいるから。カレン、傍にいるからね。」
やっぱりお母さんは暮らしのために男に縋ってたわけではなかったのね。
カレンの側にいたいがために正妻のいる屋敷にメイドという辛い立場ながらも居続けたんだ。
これを知ってからカレンが継母に色々言われている時に花瓶を割ったのはわざとだったりして。と思った。
まあ色々ドジしてたのは薬のせいかもしれないけど。

「もう殴られることもない。電話だって旅行だって自由にできるんだよ」どれだけイレブンが虐げられているかがわかる台詞だなあ。

警察がこの麻薬流通に関わっていた。
これは先のルルとスザクの話ではルルの方が正しいってことだなあ。
でもスザクの様に信念を貫けない者が多いからそうなるだけかもしれないなあ。

そういやナオトさんはもう亡くなってるのかなあ。

「判決出たよ。20年だって。待ってて、お母さんが出てくるまでには変えてみせるから。私とお母さんが普通に暮らせる世界に。だから、だから…」
「頑張れ…頑張れ、カレン。私の娘…」
「うん、頑張る…。…私、頑張るから…」
うわーん。
お母さんは娘のために頑張ったけど薬にも手を出してしまった。
その点では弱かったのかもしれないけれどそれでも母親の愛がありある点では強かったのかなあ。と。
「がんばれ」という台詞がカレンの後押しになったし。

さて、「頑張る。」の言葉。
実はこれって。テロだもんなあ。
いや、ゼロをリーダーとしてから少し変わってきたのかなあ。
うーん。カレンはちょっとゼロの正義や黒の騎士団の行動に疑問を投げかけるかと思ってたけどこれで完璧にゼロ側だなあ。
前に「正義の味方…」とつぶやいていたのはゼロの正義論に疑問を覚えたわけじゃなかったのかなあ。
正義の名の下に行動することに疑問を覚えたのかなあ。

今回のことでカレンは背景とか考え方がルルと似たものになったなあ。
ルルは母親の復讐、妹が暮らせる世界をつくる。
カレンは母親と普通に暮らせる世界をつくる。
ルルが「母親だったのか…」と言った時の表情が見たかった。


ゼロの正体がばれる時が楽しみだな。
ルルとは表面上か本当にかはっきりしないけど意見を違えたけれど、ゼロとは目的が同じになったんだよねえ。
先が楽しみだ。

ああ、今回はカレンが主役のいい話だった。満足。
惜しむらくはカレンの猫耳が見られなかったことだ。

予告に萌えた!

え!?スクール水着!?




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。