--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.04

魔人探偵脳噛ネウロ 第88話 2【ふたり】

魔人探偵脳噛ネウロ 88話 2【ふたり】
ネタバレ感想。



もう堪らない!!
展開も色々とさ!

1ページ目の挑発するネウロの顔!これジャンプの主人公の顔か?
どっちが悪役かわかんないよ。
まあやってることとか色々と今に始まったことではないけどさ。
「我が輩という侵略者(ウイルス)によって…無抵抗で蹂躙される事になる」
なんかもうネウロの使う言葉、表現が微妙に詩的というか。
ここで「蹂躙」という語を出すネウロはさすがSだ。

「全力で身を護ろうとする抵抗のエネルギー。それこそが我が輩の食糧…『謎』なのだから」
そうなんだあ。悪意は?
ネウロのあの性格は生まれ持ってのものであり、謎を食べる過程で作られてきたのだろうか。
「無防備を倒すのではだめなのだ」だもんな。

迷路すごいー。なんだこりゃ。
ネウロにとったらご馳走でしかないんだろうなあ。
ヨダレたらしちゃってさ。

6ページ目のネウロ。
髪の毛の黒い部分が上にあるからいつもと違ってドキっとした。
耳から顎のラインが見えるなんてあんまりないよね。

ひーー。
人間橋にも劣らないものがまた。
肩車プラス鉄骨って。ほんとありえない。
下の人潰れてるよ普通なら。
途中で二又になってるものすごい。

ネウロ早く戻ってこないと弥子ちゃんが危ないぞ。
とか思ってたら。

ぎゃーー。このネウロさん!
なにこの魔人は!
汗かいてぜーぜー言ってるよ!
うわー。
もうね、美人だしエロイし目が素敵。
でも何があったのかと心配しかけたら

ネウロが!豹変したー!!
ちょっと、今回の事件豹変するのは犯人ではなくてネウロなの!?
もう目がイッちゃってるよ。
弥子の「え…?」もネウロの「フ…」もなんか萌えた!
魔人ネウロ、大暴れ!
「すがすがしい気分だ!!」と大暴れ。
なんか血飛びまくってるんですけど。
勢いあまって窓突き破って出ていっちゃったよ、ネウロってば。
絶対人死んでるよこれ。
でも良かったねえ。(しみじみ)ネウロ。
元気になれて。

ネウロの豹変にもびっくりしたけどそれくらいにびっくりしたのは弥子の反応だよ。
「…なんだ『謎』…喰べれてたんじゃん…」
「なんか子供みたい お腹がふくれて遊びにいってる感じの」
の台詞はいいよ。もうお母さんじゃん、弥子。
ほほえましい親子だ。
となるけど、その子供が大暴れですよ?血が飛び交ってますよ。
まあ、あんなネウロの弱った姿を見たわけだしね。
ネウロが元気になったらとりあえずうれしいよね。うんうん。

わお、串刺しなHAL。
ついでに笑顔で暴れているネウロ。
よっぽど嬉しいんだな。
さて、とうとうパスワードが判明。
「1/1000000000000000000」
答えは単位で1と0の間の単位である「刹那」
でもってひとの名前。「本城刹那」
目的は1と0の間で彼女と2人で生きること。

うわー。まさかこんな人が絡んだ目的だとは思って無かったよ。
研究的なことだと思ってた。
叶絵のヒントは「単位」だったんだ。
大きい単位しか見えてなかったよ。
名簿もみるの止めちゃったし。
字数も一杯使ってるとは。
これ分かった人がいたらすごいよなあ。
一応ヒントはちゃんと出てたけど。
「本城刹那」の名前もわかりやすいところにあったし。
名簿の名前がややこしいかわったものばっかりなのはカモフラージュだったのか。
すごいなあ。ほんと1と0の間だし。

さてこの刹那さんとは何者なんだろう。
まさか恋愛的な感情でも出てくるんだろうか。ドキドキ。
くだらないけど否定できないってなんだろうなあ。
ああ、来週が待ち遠しい。

この間から展開のスピーディーさにはびっくりするよ。
あれとかこれとかのジャンプ漫画も少しは見習ってくれてもいいよ。
見開きも多くて迫力満点だったなあ。

この話、まだ何かしらひっくり返されるようなびっくり展開は待っているのだろうか。




エピローグが楽しみだ。
ネウロから弥子に対するなにか労いの言葉とかは聞けたりするんだろうか。
弥子も日付が代わって成長したけど今までどおりの子でいて欲しい。
対等なパートナーにはなったけどそれはそれでSMな関係を続けてください。
弥子ってあんまりネウロに対する感情を出さないよなあ。
パス解くのも世界のため、ネウロのためというありがちな理由付けがなくてそこがいいなあと思うんだ。


そうそう、ジャンフェスにて「バリ8Tシャツ」発売!
びっくりしたー。まさかこれまで商品化するとは。
ドーピングコンソメ服用後(?)のシロタのピンバッジも商品化。
びっくり。




ついでに今日発売の9巻についても。簡単に。ネタバレ。
表紙はHAL。ちょっと以外。
ヒグチかと思ってたから。まあ彼の見せ場次の巻だからかな。
10巻はちょうど88話までかな。
9巻の扉絵のネウロのポーズが…!
番外編の肝、本誌でも読んでたけどおもしろかった。
お供え物食べるのはよしたほうがいいよ。夏場だし。
卒塔婆を掻き分けて出てくるネウロになんかきゅんとした。
隣りの愉快犯はあかねちゃん。
なんだこの健気な美少女は。
3Dは今までで一番難しかったよー。
なんか自分の顔が映るのが気になってうまくいかなかったし。
見えても何か認識するまで時間がかかってしまったよ。

スポンサーサイト
Posted at 19:47 | ネウロ | COM(0) | TB(0) |
2006.12.04

少年ジャンプ 1号 感想

今週も無事に手に入れることのできた早売りWJ1号。
WJ1号ネタバレ感想です。
しっかりネタバレしてるのでご注意を。
あまり時間がないのでちょっろと。とか思ったら意外とちょこっとではなかったよ…。

ちょびっと追記。

●ラルΩグラド(TALE1 Promis)
おもしろかった。
やっぱ絵が綺麗。だから正統派異世界ファンタジーという印象を持った。世界はヨーロッパ中世な感じかな。
"カゲ"という立体としての体をもたない闇を彷徨う魔獣が光の世界つまり人間の住む世界に入ってきた。カゲを率いている闇女王の目的は全ての人間を排除すること。
主人公のラルは15年前にそのカゲ、グラドに寄生されており今までずっと閉じ込められていた。
けれど城に攻めてきたカゲを倒すために外の世界に出されて…。
こんな感じ?
教育係のミオ先生の服破って乳房揉みだしたのはびっくりした。
戦う理由も「女のため」言っちゃってるし。
でもおもしろかった。

●ワンピ (第436話 Pants from Frankyhouse)
なんかすごかった。
フランキーを仲間に入れるためにパンツリレーとは。
フランキーもその格好で走ってるなよ。
それにしてもすごい発想だなあ。パンツ奪ってルフィの所へ遣ろうとするのは。
でもってルフィも「このパンツ!!返して欲しけりゃおれ達の仲間になれ!!」
だもん。
そうそう、手配書の謎。
ナミさんは雑誌の記者だと騙された。だからあんなバッチリ写ってるんだな。
サンジさん、写真とった人の初歩的ミス。キャップのはずし忘れ(笑)
チョッパーと共にかわいそう(笑)
フランキー設計の船がすごかったー。
ライオン?もかわいいよ。ポンデライオンに見えたけどさ。
すっごく豪華な船だった。早く中をちゃんと見たいなあ。
鍵つき冷蔵庫とかね。

そうだ!びっくりニュース。
4.5号合併号(12月25日発売)でワンピとドラゴンボールのコラボ漫画掲載だって。
これ描いてたから急に休載したのかな。
鳥山明はすっごく久しぶりじゃないか。
一体どんなのになるんだろう。アラレちゃんじゃなくてドラゴンボールだもんなあ。

●リボーン (標的124 招集)
やっぱり髑髏はかわいい。
なんて呼ぶべきか悩むなあ。凪?クローム?とりあえずかわいい。
骸の反応が全くなくて、(他の人に話しかけてるみたいって?)
「骸さんと連絡とれないんじゃおまえますますいる意味ねーぴょん!!」
「…ごめん」
「許すかバーカ!!」
のやり取りがなんかかわいかった。2人とも。
山本・獄寺・お兄さんのやりとりはボケ満載ながらツナに対する愛情とかいっぱい見えて格好よかったよ。
強制召集で酸素マスクしたままのランボも。かわいそうに。
大空戦は6つのリングと守護者の命を懸けて戦うって!
雲雀さんは今度こそか?

●ブリーチ(254.チョコラテはここに置いてけ)
ひ~、ネル!ヨダレかよ。
ドン・パニーニ、いやドルドーニさん格好よかったよ。
びっくりした。
チョコラテは置いていけと言いながらあなたもなかなかチョコラテでしたよ!でもいい!

●ナルト(333.相性)
五大性質変化の優劣関係の説明にて
「オレってばサスケとの相性良かったんだな」にああ、という気分になってしまった。良い意味でね。
シカマルもカカシ先生もチョウジもすごいんだけどあれ?
いのは?

●ネウロ (第88話 2【ふたり】)
とりあえず一言。
ネウロ!!??すごいよ、こいつ!やばい。
パスワードは分かったけどその背景がまだわからない。
感想

●ディーグレイマン(第100夜 Lost the Key…!?)
なんかレロがすっかりアレン側にいてる感じ。
ジャスデビにペイントされちゃってるし。
でもってチャオジーの服でスリスリと拭くレロがかわいいよ。
クロウリーが格好よいよ。

●アイシールド21(212th down RISK100%)
やっぱりヒル魔はすでにパスしてました。
モン太対策に桜庭が両面で出ることに。
なんか進がいっぱい喋って桜庭を出そうとしてるのにちょっと違和感。こんなに普通に喋れたんだ、と。
これで、セナvs進、十文字vs猪狩、モン太vs桜庭かあ。
すごく盛りだくさんな試合だわ。
最後のモン太がなんか格好よくてびっくり。ゴメン。

●銀魂 (第百四十四訓 洋楽は皆うろ覚え)
源外さんのセンスが大好きです。
醤油さしって。
ページまたいで銀さんの木刀にも仕掛けを出すのがおもしろかった。
次で終わるかなあ。まだかなあ。

●ムヒョ (第97条 ふりだしとアロロパシー)
リオ先生が帰ってきた!
よかったねえ、ビコ。

●太臓 (第67章 シスタープリンセス)
修学旅行は終わってしまった。
なんか翠はいつのまにやらなじんでるなあ。
悠の隣りに普通に座ってるし。
そのお土産のチョイスは微妙かもしれないけど女のために買ったこと無かったけど友達のために買うというのいいよ!
伊舞は天然のようでしっかりツッコミ出来るというちょっとかわったスキル持ってるところがかわいいよ。
「親子って似るものね…」のあいすのツッコミが的確だ!
ほんとそっくりだぞ。
今回、悠が用意したメガネは…。
マジックで直接書くのかよ!最高。
またしてもネウロパロが。こーうっふく!
ていうかSMプレイ!?伊舞!
マフラーはもうちょっと古いでしょう。
一瞬何かわかんなかったよ。
そして真白木さんに「そりゃお前もてないだろ」とは言われたくないかな。
宏海はほんとにひどいシスコンだった。でも最後には認めるところがいいね。
伊舞にしたってお兄ちゃんを心配してだからなあ。それにしてもあの太臓を見ても平気とは大物だ。
かわいい兄妹だ。
もうその誤解は解かなくてもいいんじゃない?
そのほうが色々と面白いことになりそうだもん。

●テニプリ(Genius326モノマネ王子~一氏ユウジに小春ゾッコンの巻)
なんか普通におもしろくなってきたような。
マスク被ってるから2人がどっちがどっちなのかわからなくするって(笑)
ていうかモノマネがありえない。

●P2! (STEP11 王華学園)
え?馬?ロシナンテ?
これは大丈夫なんだろうか。

●ハンズ(最終話 英雄)
え?終わっちゃったよ。
10話で打ち切りとか久しぶりじゃないかなあ。
昔は結構あった気がするけど。
前回で練習風景もなくて、いつのまにやらヤクザ?の組長の話も流れてたからなあ。予想はしてたけど。
うん、過去も分かったし一応すっきりかな?
Posted at 15:44 | WJ感想 | COM(0) | TB(3) |
2006.12.04

魔人探偵脳噛ネウロ 第87話 3【さんにん】

魔人探偵脳噛ネウロ  第87話 3【さんにん】

今更な萌えを叫んだ感想。
ちなみに88話はココ

のっけから多重債務者となってしまった弥子。
弱ってるとはいえしっかりSなところを見せてくれるとはさすがネウロ。
いやあ、でもまだまだ貯蓄が底をついたなんてことないんじゃないのか?まだまだ溜め込んでそうだけどなあ。
まあ謎はなぜ本人ではなくしかも未成年の弥子の名で借りることができたのかだな。
わざわざ借用書まで作ってネウロの壮大な嫌がらせか?
もしくはそうとうヤバイとこから借りたか。
HAL編が終わったら借金返済編か?
そういや今何日なんだろう。じつはもう29日とか…。

おお、かっこいい。
手札か。弥子が「SERVANT」だって!
「slave」じゃないんだ!よかったなあ。
やっぱりなんだかんだ言っても弥子のこと認めてるもんね。
パスもわかったし。

今週ほどジャンプの印刷の悪さを嘆いたことはないよ。
だってあの「フワッ」のシーン。
見えることは見えるけど鮮明じゃないよ!
ネウロが弥子を抱えてるんだよ。
服の襟元や頭を掴んでるんで無く腰を抱えてるというのが…!
やるなあ。
でもミサイルのシーン、初め足ではさんでるのかと…。
弥子もだんだん人間離れしてきたなあ。
ミサイルの速度って凄いよね…?
能力のおかげかなあ。

あと、疑惑のシーン。
弥子はネウロの腕に手をかけているのか否か!
かけてるとして、こうギュと掴んでるのではなくてさりげなく、思わずってところが萌える!
まあ、これは触れてないよなあ。

この2人の関係が本当に良い!
前回もだけどパスワードをネウロは聞かないんだよね。
ある意味興味ないのかもしれないけど謎を喰べる為に必要なものなのにあえて聞かないんだもん。
自分が解けるかって聞いて無理と言われても「そうか」の一言!
この時のネウロの口元が隠れてるけど笑ってると良い。

バリケード作った時のネウロ格好よくてほんとどうしよかと…!
なにあのキックした時の顔は!もうダメ。

「それまでに…ヤコ」の「…」のためがなんかきたよ。

弥子もすっごく成長したなあ。さすが日付が変わっただけあるんだなあ。
パスワードをネウロに尋ねられた時とか弥子はもうネウロのパートナーなんだと実感。
決して足を引っ張るんではないんだ。
間違えたら大変なことになるとわかってるのにそれでも静かにパスを入力する弥子がもう!
この子も格好いいよー。

「我が奴隷」…。「我が」…。うん。
あれ?やっぱ奴隷か。
なんか自信たっぷりなネウロが。
もうなんだこの2人の関係は!

もうあのガラスが割れたシーンなんて鳥肌もんだよ。
次のページの弥子も相まって。
パスが間違ってなかったことがわかったのにほっとするでもなく凛々しく立ってるんだよ。
本当にもう。感無量とでもいうのだろうか。

ああ、もう格好良すぎなんだよ、2人とも。

Posted at 13:12 | ネウロ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。